*

不動産投資のリスク ~空室リスク~

ビルの谷間できれいな花が咲いていました。

ビルの谷間できれいな花が咲いていました。

こんにちは!

不動産投資のリスクには、
物件の高掴みのリスクのほかに、
借り手がいなくなってしまう
空室リスクがあります。

—————————- 
■ 空室リスク
—————————-

住宅は供給過剰で余っているという厳然とした事実があり、
今後も空き家の件数が見込まれる状況で、
空室リスクを意識しない投資家はいないでしょう。

販売会社によっては、投資家に販売した物件を、
投資家から借り上げ、
それを実際の入居者に貸し出す
という方式を取っているところもあります。

これは契約書上でのやりとりで済みます。

この方式であれば、たとえ一時的に空室となっても、
投資家の直接的な賃貸先は販売会社であり、
一定期間家賃を保証してくれますので、
空室リスクは軽減されます。

家賃保証ですから、
これなら投資家にとっては、ひとまず安心です。

ただ、不動産業だって商売です。

わざわざ損をするようなことはしませんよね。

投資家→販売会社の賃貸契約をよくよく見ると、
契約期間が数年となっていたりします。
(契約書に“しれっと”書いてあったりします。)

この場合、入居者が常につく物件であれば、
契約期限が到来しても、契約は自動更新されますが、
もし入居者がつかないような物件であれば、
不動産会社から契約期間の満了を理由に、
契約更新を打ち切られることもあるでしょう。

こうなると、もう投資家自身で入居者を
見つけざるをえませんね。

でもこれって、やっぱり難しいですよね。

もし仮に、なんとか不動産会社と再契約できたとしても、
足元を見られます。更新後の契約における
賃料は相当分下げられる、

つまり、

投資家の手取り分が下
がることを覚悟しなければなりません。

入居者がつく・つかないの大きな分かれ目となるのは、
何にもまして「立地」です。

これは、例えば、駅から徒歩20分以上とか
バスを使わなければならないところなど
の遠隔地の物件には、と
にかく手を出してはいけないということです。

このことが押さえられていないと、
「家賃保証がついているから安心です。」
という甘いセールストークを信頼しきって、
投資資金を投じるものの、
数年後には契約期限が到来し、
再契約なしという状況に陥ります。

こうなると、賃料収入はないけれど、
ローンの支払だけが残ることになります。

不動産会社ですか? 物件を売った時点で、
.まとまったコミッション(手数料)を手にし、
目的は達成してますから~。

気をつけたいところです。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

消費税増税前に住宅の取得を検討している方へ~贈与税の特例の話~

泣き止まない妹に兄が・・・お兄ちゃんの自覚が出てきましたw[/caption] こんにちは!

記事を読む

テニス錦織圭選手の快進撃の波及効果と持ち家取得増加の関係

今朝起きると、ニュースが飛び込んできました。全米オープンテニス男子、シングルス準決勝で、錦織

記事を読む

no image

不動産投資のリスク ~高掴みリスク~

  こんにちは。 先日は、不動産投資を勧める 販売会社が “強調

記事を読む

空き家を解体して更地にしない(できない)理由

「もう誰も住まなくなった家は、 解体して更地にしよう。」 「そうすれば、 建物の部分

記事を読む

土地と建物を一括で売却した際、建物の取得費はいくらになる?

昨日は大切な仲間と一杯。北千住の「大はし」さんへ。 名物の肉豆腐で舌鼓。 さ

記事を読む

選挙で当選するための政策の作り方(!?)

東京も紅葉してきましたね。江東区の木場あたりにて。[/caption] 「教育は大事。」

記事を読む

不動産の売却(購入)時における、固定資産税の精算方法

固定資産とは何か 固定資産税とは、自宅・相続した実家・投資用マンションなど、固定資産(不動産)を所

記事を読む

no image

挑戦して失敗することとニワトリの関係

  こんにちは! 今日は寒かったですが、 Fさん一家が自宅に来てくれました。

記事を読む

相続財産としての土地の評価額を下げる具体的な事例

先日のエントリーでは、土地の評価額の計算方法を取り上げました。 今回は具体的な事例で考えてみま

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(3)

家を売却した時の税金の仕組みについて、 これまで以下のようなことを説明しました。 -

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑