*

アベノミクスの継続が影響することとは

衆議院選挙、投票にいきましたか?

安倍政権の経済政策「アベノミクス」の継続が争点(?)となった今回の選挙で、事前の予想通り、自民党の勝利に終わりましたね。

これによって、アベノミクスは継続されることになりました。私たち個人には、どんな影響があるでしょうか。

そもそもアベノミクスってなんだっけ?

アベノミクスは、2012年12月に誕生した安倍晋三内閣の経済政策です。

●大胆な金融緩和(第一の矢)
●機動的な財政出動(第二の矢)
●新たな成長戦略(第三の矢)

という「3本の矢」で、長期のデフレを脱却し名目経済成長率3%を目指す、というものですね。

金融緩和による影響

金融緩和は、金融市場に資金を供給し、資金調達がしやすい状況を作り出すことです。

具体的には、民間金融機関の日銀にある当座預金の残高を増やすことです。どうやって残高を増やすかというと、国債や資産担保証券、銀行が保有している株式を買い入れるわけです。これによって、日銀の当座預金が増え、市中への資金供給を行うのですね。

ただ、お金が世の中に溢れると、インフレが起こりやすくなります。というか、もうインフレが始まっていますよね。不動産市場にもマネーが流れ、価格が高騰しています。

また、米国が金融緩和策を終了する一方で、日本は金融緩和策を継続することが明確になりました。この結果、ドル円相場は、11月以降急激に円安になりましたね。これは、輸入物価が上がることになり、普段の消費に影響します。

わかりやすい例でいうと、米国産牛肉を輸入している吉野家も、一杯300円から380円に値上げしますもんね。(>_<)

景気が良くなって、個人の所得も上昇していく、“いいインフレ”であれば問題はありません。でも、今起きようとしていることは、景気がまだ回復していないのに、物価だけが上昇する“悪いインフレ(スタグフレーション)”ではないでしょうかね。

安倍首相は、消費税10%を実施するでしょう。積みあがった債務残高のことを考えたら、消費税は上げざるを得ないとは思います。でも、現在のままで消費税増税に突入すると、消費はポッキリと折れたりしないですかね。

長くなってきたので、今日はこの辺で。

ではまた。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

相続対策としての土地活用のカラクリ(前提編)

経済系の月刊誌などを見ると、最近「相続・相続税対策」の特集が組まれています。「相続税対策なんて、自分

記事を読む

no image

挑戦して失敗することとニワトリの関係

  こんにちは! 今日は寒かったですが、 Fさん一家が自宅に来てくれました。

記事を読む

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

先日までのエントリーで、 自分で簡単に売却(取得)する 不動産の相場感を掴む方法 につ

記事を読む

選挙で当選するための政策の作り方(!?)

東京も紅葉してきましたね。江東区の木場あたりにて。[/caption] 「教育は大事。」

記事を読む

松戸駅改良計画について松戸市(長)から回答がきました(2)

昭和48年の松戸駅西口ターミナル~松戸市HPより~[/caption] 松戸駅の改良計画につ

記事を読む

no image

不動産投資のリスク ~空室リスク~

ビルの谷間できれいな花が咲いていました。[/caption] こんにちは! 不動産投資

記事を読む

no image

行動を起こし、継続させる3つの要素

こんにちは! 前回は、理想と現実のギャップを 解消するための行動が起こせない 3つの理由に

記事を読む

映画ドラえもんのチケット購入で感じたこと・わかったこと

映画を観に行く時、あなたはいつどこでチケットを購入しているでしょうか。そして、座席はどのよう

記事を読む

戸建かマンションを選ぶポイント

  住宅産業は「裾野が広い産業」と言われています。住宅建設には、林業・セメント業・鉄

記事を読む

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(1)

こんにちは! マイホーム、クルマ、インテリア、 カメラといったものは、 カタチがあり、手に

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑