*

不動産売却で最初に質問されること

家を売却する理由は?

あなたは何故、ご自分の家を売却するのでしょうか。

考えられる理由としては、
例えば、以下のようなものがあります。

●家が手狭になり、広い家に住み替えたいから

●住宅ローンの返済がキツくなったから
(売却して、借金を整理したいから)

●相続で取得したが、住む予定がないから

●相続税の支払い準備のため

●広い戸建ての維持管理が大変になったから
(駅近のコンパクトなマンションなどに住み替えたいから)

●転勤等でその地域を離れることになったから

●離婚したから

●近隣とトラブルがあるため

●物件に瑕疵があるため

あなたが売却を検討する際、
不動産会社がまず確認する質問項目です。

ライバルは中古物件ではなく、新築物件

あなたが売ろうとしている家は、中古物件です。

売却するには、当たり前ですが、
誰かが購入してくれなくてはなりません。

あなたの他にも売りたい人はたくさんいます。

何故なら家は余っているからです。

一番のライバルは、誰でしょうか。

他の中古物件でしょうか。

いいえ違います。ライバルは、新築物件です。

確かに、

最近では住宅の流通量に占める中古物件の割合は、
増加傾向にあります。

ただ、

これは中古物件が
選好されるようになったというよりは、
新築物件が減ったと捉えるべきです。

141104_中古物件の割合

何故、中古物件が選ばれづらいのでしょうか。

それはあなたが購入した時に、
あなたが考えていたことと同じです。

新築信仰があったからですよね。

中古物件にはなんか不安があるのです。

家を売るための心構え

でも、あなたは何らかの事情で
中古物件となったあなたの家を
売らなければなりません。

どうしたらいいでしょうか。

それは、

購入を検討している人の不安を払拭し、
納得してもらうこと
です。

そのためには、

売主であるあたなは情報を
極力オープンにしておく必要があります。


そのための第一歩が、
あなたが不動産の売却を検討している理由
を明確に答えられるようにしておくことです。

後でトラブルを避けるためにも。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

家を売却したときの税金の仕組み(4)

家を売却した時の税金の仕組みについての続きです。 これまで、譲渡所得金額の計算式である

記事を読む

マイホームを早く高く売る10のコツ(見学対応編)

マイホームを売却する場合、数多く売り出している物件の中から、あなたのマイホームを選んでもらわなければ

記事を読む

相続対策としての土地活用のカラクリ(序章)

昨夜は、友人が設立したNPO法人の設立総会に出席してきました。 「みらいびと」というNPO法人

記事を読む

公図の見方

不動産の情報は、登記事項証明書だけではなく、公図からも確認しましょう。 公図は、敷地の範囲を示

記事を読む

ポータルサイトで「売主側の不動産会社か」を簡単にチェックする方法

昨日のエントリーでは、 不動産会社が売主のために動いているかを 確認する方法について取り上げ

記事を読む

登記事項証明書の見方 ~表題部はここに注目~

登記事項証明書(登記簿謄本)は、個人でいうところの戸籍のようなものです。 登記事項証明書を見る

記事を読む

登記事項証明書(登記簿謄本)の取得のための地番の確認方法

土地建物の情報は、法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)を入手することにより、調べられます。

記事を読む

登記事項証明書を取得する際の注意点

購入を検討している不動産(土地・建物)について調べるには、登記事項証明書を取得します。 この証

記事を読む

売主が泣き、不動産会社が嗤う仕組み(カラクリ)

昨日のエントリーでは、 ・不動産会社が斡旋した買取り業者への売却は、サイテーな方法 ・売

記事を読む

不動産売買の成約価格の異常値(外れ値)に惑わされない方法

昨日のエントリーでは、実際の不動産売買の成約価格をもとにした不動産取引情報提供サイト、REINS M

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑