*

事業を始める上での、シンプルかつ本質的な質問とその答えとは

公開日: : 最終更新日:2014/12/13 気づき

事業をするには

●お客さんは誰か
●どんな悩み/課題があるのか
●お客さんは自分では解決できないのか
●どんな解決策を提供できるのか
●それをお客さんが採用すると、どんないいことがあるのか
●何故、お客さんは他からではなく、自分から買わなければならないのか
●何故、今買わなければならないのか
●どうしてその事業をやろうと思ったのか
●自分の理念は何なのか

といった質問に答えられなければならない、と言われることがあります。

例えば、日本は少子高齢化で人口は縮小している。市場が縮小している。海外は人口が増加し、市場が拡大している。だから、海外で売ろう。そう考えて、何かアイディアを考えて、事業プランに落とし込むとします。

でも、「では、なぜあなたからですか?」「他と何が違うのですか?」「あなたのコアコンピタンスはなんですか」とか聞かれます。

確かにこれは大事なことです。買い手の立場からすると、その理由を知りたいのは当然です。

一方で聞かれた立場からすると、あまりに本質的過ぎて“固まってしまう”ことになるのです。

筆者の場合、「ファイナンス×不動産×海外」を組み合わせた領域が、自分のポジションと捉えています。

不動産業界でファイナンスの視点と語学力を持っている人は、限られていると感じるからです。でも、上には上がいるのが現実です。

「持っているもの」を数えだすと、逆に「持っていないもの」ばかりが目につくようになります。

そんなとき、「何故あなたなの?」と聞かれると、“固まってしまう”というわけです。質問する側からすると、それは当然の質問で、別に意地悪で聞いているわけではないのです。

でも、立ち止まってその答えを見つけてから次に進もうとすると、身動きが取れなくなる、結局、いつまでたっても答えは見つからないという悪循環に陥ります。

コタツに座って、日本茶を「ズズッ・・・アチっ」とすすり、ミカンを食べながら、「自分のコアは・・・」なんて考えても、堂々巡りとなるだけです。

だから、「ないもの」ばかりを数えて立ち止まるよりも、とにかく行動です。

これは「考えない」ということではありません。「立ち止まらない」「動く」「考える」そしてまた「動く」です。
回遊するマグロのように、動き続けるのです。
141213_tsuna

筆者は、高額なセミナーへ参加したり、人に会いに行ったり、セミナーを企画したり、ブログを開設して記事を書いたり、地域誌に広告を打ったり、、、

現状結果は散々ですが、とにかくジャブを打ち続けます。失敗という経験に投資している状況です。

そこから、糸口が見つかると信じて。
ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

不動産投資のリスク ~空室リスク~

ビルの谷間できれいな花が咲いていました。[/caption] こんにちは! 不動産投資

記事を読む

松戸・柏・流山などの将来を予測したら・・・

先日のエントリーでは、松戸・柏・流山などの 人口統計を比較してわかることを記しました。

記事を読む

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(3)

こんにちは! 夜は、大学時代の後輩と一杯でした。 帰ると家には誰もおらず・・・ 妻

記事を読む

選挙で当選するための政策の作り方(!?)

東京も紅葉してきましたね。江東区の木場あたりにて。[/caption] 「教育は大事。」

記事を読む

強固な人生を築くために、最初にやることとは?

弱点を克服しても強みにならない!? 「強みを活かし、弱点と折り合いをつける」 頭では分か

記事を読む

理想を叶えるために、まず取組むこと

この世で変わらないもの、それは「変化がある」ということです。これは疑いようのない真理です。た

記事を読む

no image

ココロがふっと軽くなるコトバ

  こんにちは! あなたは算数(数字)が得意ですか? 企業の売上や利益、

記事を読む

no image

課題と解決策

こんにちは! 今日は、取組みの発表会でした。 Before/Afterのイメージは、こんな感

記事を読む

no image

行動を起こせない3つの理由

  こんにちは! ノートに書き留めておいた人の話を、 読み返しています。

記事を読む

アベノミクスの継続が影響することとは

衆議院選挙、投票にいきましたか? 安倍政権の経済政策「アベノミクス」の継続が争点(?)となった

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑