*

住宅ローンで“変動”金利が選ばれる理由

今回は、住宅ローンのお話です。

これから住宅ローンを組んで、マイホームを購入する方、金利方式については決めましたか?

住宅ローンの金利方式

住宅ローンの金利方式は以下の3つです。

1)変動金利
2)固定金利
3)固定期間選択型変動金利

変動金利は、簡単に言えば半年ごとに適用する金利を見直す方式です。固定金利は、当初適用した金利が最後まで変わらない方式です。固定期間選択型変動金利も、原則は変動金利の方式です。ただ、当初3年とか10年とかの間、固定金利を適用する特約がついています。

よく選ばれるのは、固定期間選択型変動金利か変動金利の金利方式です。全体の80-90%くらいになるでしょうか。

では、なぜこういった変動金利型の方式が選ばれるのでしょうか。

変動金利型が選ばれる理由

理由は簡単です。

適用される金利が低いからです。適用金利が低ければ、毎月の返済額が低くなるからです。

事例で考えてみましょう。

例えば、返済期間35年で3,000万円の住宅ローンを組むとします。適用金利は、3%(固定金利)、1%(変動金利)のいずれかから選ぶとします。

すると毎月の返済額は、以下の様になります。
131105_ローン返済月額比較
毎月の返済額は、固定金利を選んだ場合は115千円、変動金利を選んだ場合は85千円です。月々の返済額で3万円以上の差が出るのですね。あなたにとって、どちらが魅力的ですか?

金利というと普段あまり馴染みがないため、ピンとこないかもしれませんが、返済実額で表されると一気に実感が湧いてくるのではないでしょうか。

どうでしょう。そうすると、固定金利よりも変動金利を選びたくなりますよね。これが、変動金利が選ばれる理由ですね。

住宅販売のチラシを見ると、例外なく変動金利を前提に返済額が試算されています。「今の家賃と比べてくださいっっーーー!!」って大きく。でも端っこに、「変動金利にもとづいていて、将来はわかりません」って、ちぃーっちゃくw。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

定期的におカネを積み立てたら、●年後にはいくらになる?【年金終価係数の原理】

例えば、 毎年年末に50万円ずつ銀行に積み立てるとします。 年利1%で運用すると20年後

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑