*

松戸市と流山市の人口統計を比較して分かること

昨日のエントリーでは、松戸市と柏市・流山市など近隣の市の人口統計を比較して見えてくるものをご紹介しました。

特に浮かび上がってきたのは、
・松戸市の総人口は、ほぼほぼ横ばいで推移している
・ただ、子どもの人口は2010年ころから減少傾向が強まってきた
・子どもの人口を総人口で割った“割合”で見ると、減少傾向が著しい
・これは、流山市とは対称的
ということです。

ということで、今回は松戸市と流山市を比較してみます。

人口に占める各年齢層の割合

松戸市・流山市の各市における、5歳ごとの人口を各市の総人口で割って割合を算出しました。それを表したのが以下のチャートです。

140904_松戸と流山の人口動態比較

これを見ると・・・
・10歳未満の年齢層は、明らかに流山市の方が割合が高い
・これは同時に、子育て中の親の世代(30~40歳代)の占める割合も高くなっている
・松戸市は、10代後半と40代後半~60歳未満の層の人口割合が、流山市のそれらよりも高い
ということがまずわかる。

松戸市と流山市の各市の人口に占める子どもに占める割合の傾向からすると、これから子育てをしようとする層が選ぶ住む街は、「母になるなら流山市」でPRする流山市なのですね。なんとなくイケてない感がある松戸市ではなく・・・汗

不動産という資産価値で考えると・・・

不動産という観点から考えると、流山市は売買が活発と想像します。不動産を売買する取引量が多いということは、それだけ市場に厚みがあり、資産価値としてはプラスです。一方の松戸市は、不動産の売買(流通量・取引量)が流山と比べると不活発で、市場が薄く、値崩れしやすいということが言えるのではないでしょうか。

松戸市はこれまで発展してきた古い街だから「仕方がない」で片づけてしまうのは簡単です。

ただ、立地条件の良い土地建物でありながら、空き家や空き地のままになっているのは、あまりにももったいない気がします。放置しておくのも、所有者の自由かとは思いますが、そのままでは結局、街の魅力・ブランド、ひいてはその不動産の資産価値は下がってしまうのですね。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

行動を起こせない3つの理由

  こんにちは! ノートに書き留めておいた人の話を、 読み返しています。

記事を読む

おススメ!台風(雨)の日の過ごし方

台風は去りましたね。あなたは大丈夫でしたか? 筆者はもともと、日曜日から家族で1泊のキャンプに

記事を読む

no image

変動金利と固定金利では、どちらがトクなのか(1)

こんにちは! 夜のマックで、このブログを執筆中です。 店内のBGMは、クリスマスソングです。

記事を読む

松戸駅改良計画について松戸市(長)に提案してみました

松戸市民の皆さん、 松戸市の市政について、 あなたの声を届けることができる制度 があるのを

記事を読む

不動産の共有関係を解消する方法

あなたの不動産は、 あなた一人だけが所有しているものでしょうか。 それとも、 他の誰かと共

記事を読む

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(2)

  こんにちは! 東京も紅葉が進んできましたね。 さて、お金にかかわ

記事を読む

理想を叶えるために、まず取組むこと

この世で変わらないもの、それは「変化がある」ということです。これは疑いようのない真理です。た

記事を読む

no image

あなたを豊かにする3つの資産価値

  このブログは、あなたの資産価値を向上させるための 手がかりをシェアしていきます。

記事を読む

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

戸建かマンションを選ぶポイント

  住宅産業は「裾野が広い産業」と言われています。住宅建設には、林業・セメント業・鉄

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑