*

【実録】淡い期待を抱かせる投資話にご用心(1)。被害者になる人。加害者にもなる人。

こんにちは!

あなたは、投資詐欺の被害に遭わない
自信がありますか?

もしかしたら、

「お金儲けには興味がないから大丈夫」
「怪しい儲け話には乗らないから大丈夫」
「勧誘を受けても断るから大丈夫」

と思っているかもしれませんね。

一方で、心のどこかでは、

「自分の資産を増やしたい」
「日本は低金利なので、高金利の海外で運用したい」

と考えている人も一定数います。

「高金利」「オフショア」「タックス・ヘイブン」
「新興国」「成長期待」「分散投資」「バランス型」・・・

聞き障りのいいキーワードがちりばめられたトークに、
思わず耳を傾けてしまいたくなる気持ち、わかります。

しかし、資産運用の世界では、
投資家に淡い期待を抱かせるだけで、
結局損することが明らかな「インチキ(詐欺)」
が存在
します。

ほんのちょっとした冷静な判断があれば、
防げることも多いですが、

聞き障りのいいキーワード(魔法)で、
思考停止になってしまうのです。

被害に気づいた時、投資家本人が
満額救済されることはまずありません。

大した検討をすることもなく、
“スケベ根性”を出したのは、
投資家本人なのですから。

損をしても“自己責任”で
片付けられてしまうケースが多いことでしょう。

気をつけたいのは、知らないうちに
自分が加害者になってしまうケースです。

詐欺的な投資話に友人知人を
巻き込んでしまうのは、
気をつけたいところです。

実は・・・お恥ずかしながら、
自分の身近なところで起こりました。

もうだいぶ前の話になりますが、
自分の実の母のケースです。

母は、風貌からは想像できませんが、
昔から結構“山っ気”があります。。。汗

ある日、母から

「お父さんには内緒だけど、
オフショアのファンドに投資している。
あんたもやってみたら。」

と投資話を持ちかけられたのです。

母は、その時点で既に数十万円万円
振り込んでいました。

しかし、母から話を聞けば聞くほど、
その投資話に胡散臭さを感じました。

その時点で、母には、
・ もうこれ以上そのファンドに
金をつぎ込むべきではないこと

・ 自分はそのファンドに投資する意思がないこと

を伝えました。

ところが後日、母から

そのオフショアファンドの勉強会があるから、
あんたも一緒に来たら。

説明を聞けば、あんたもきっと
投資したくなるはずよ。

との誘いの電話がありました。

投資する気は毛頭なかったのですが、
この胡散臭さを感じる団体が、
どんなものか興味を覚えたので、
二つ返事で参加することにしました。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

【実録】淡い期待を抱かせる投資話にご用心(3)。被害者になる人。加害者にもなる人。

こんにちは! あなたは、衝動買いをすることって結構ありますか。 私自身はあまり多くはあり

記事を読む

no image

【実録】淡い期待を抱かせる投資話にご用心(5)。被害者になる人。加害者にもなる人。

こんにちは! 今日、日中地下鉄で移動していた時、 車内で外人がゴホゴホと咳をしていました

記事を読む

no image

資産価値の評価~収益還元法による不動産評価~

こんにちは! 先日、不動産を評価する方法として、 原価法の他に収益還元法という方法も ある

記事を読む

no image

【実録】淡い期待を抱かせる投資話にご用心(2)。被害者になる人。加害者にもなる人。

こんにちは! 昨日のエントリーは、実の母親から 胡散臭い投資話を持ちかけられ、 そ

記事を読む

no image

【実録】淡い期待を抱かせる投資話にご用心(4)。被害者になる人。加害者にもなる人。

こんにちは! 今日の午前中は、人間ドックでした。 人間ドックを予約するとき、

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑