*

持ち家か賃貸かを判断する2つのポイント

こんばんは!

今回は、資産の代表例として不動産について考えます。
あなたのご自宅は、持ち家でしょうか、賃貸でしょうか。

持ち家か賃貸かの議論は、
今に始まったことではなく、
昔から言われてきたことです。

よく言われるのは、
『賃貸はいくら払っても
結局自分のものにならないから、
持ち家の方がお得だ』
ということです。

あなたも周りも、
持ち家の方がいい
という雰囲気があるのではないでしょうか。

本当にそうでしょうか。

政府は、個人の多くが住宅を取得すれば、
経済波及効果があると信じています。

不動産販売会社はもちろん、
自社の売上を確保するために、
不動産の購入を勧めます。

本屋に行けば、持ち家がいいのか賃貸がいいのか
という議論は端から飛び越えて、
どんな物件をどうやって購入するか
ということがテーマとしている本がたくさん並んでいます。

でも本当に持ち家を手に入れれば、
あなたの資産価値が向上したといえるでしょうか。

実は筆者は、政府や不動産関連会社、そして金融機関に
上手く乗せられて住宅を購入してしまっている人も
かなりいらっしゃるとみています。

もちろんこれは自宅を購入して満足している人に
面と向かって、言える話ではありませんが。

住宅は、ただ単に
‐現在の家賃と同じくらいのローンの返済額だから
‐キッチンやバスルームなどの設備が気に入っているから
という理由で購入してはいけないシロモノです。

高価な買い物ですからね。

そこで、持ち家を検討する際には、まず以下の事項について
よく検討/想像してみてください。

————————————————————–
1)人口の推移と住宅の供給数(ストック)

2)長期間のローンの返済計画
—————————————————————

というポイントです。

では、何故この2つのポイントを検討してみる必要があるのか。
次回に取り上げたいと思います。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

不動産の売却がなかなか進まない理由とは

前回は、 空き家を解体して 更地にしない(できない)理由 について取り上げました。 そ

記事を読む

テニス錦織圭選手の快進撃の波及効果と持ち家取得増加の関係

今朝起きると、ニュースが飛び込んできました。全米オープンテニス男子、シングルス準決勝で、錦織

記事を読む

戸建かマンションを選ぶポイント

  住宅産業は「裾野が広い産業」と言われています。住宅建設には、林業・セメント業・鉄

記事を読む

no image

30年後の空き家率は36%?

こんにちは! 今、70年代、80年代に建てた住宅は、 築30-40年を迎えています。 そ

記事を読む

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(3)

こんにちは! 夜は、大学時代の後輩と一杯でした。 帰ると家には誰もおらず・・・ 妻

記事を読む

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(2)

  こんにちは! 東京も紅葉が進んできましたね。 さて、お金にかかわ

記事を読む

no image

あなたを豊かにする3つの資産価値

  このブログは、あなたの資産価値を向上させるための 手がかりをシェアしていきます。

記事を読む

不動産の共有関係を解消する方法

あなたの不動産は、 あなた一人だけが所有しているものでしょうか。 それとも、 他の誰かと共

記事を読む

no image

資産価値が下がるのに新築住宅が供給され続ける理由

こんばんは! 前回は、新築住宅の資産価値について考えました。 -------------

記事を読む

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(1)

こんにちは! マイホーム、クルマ、インテリア、 カメラといったものは、 カタチがあり、手に

記事を読む

adsense レクタングル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑