*

長期金利が動く仕組み

こんにちは!

先日の記事では、
あなたが借りている住宅ローンの変動金利は、

・短期プライムレートを基準としている
・それは短期金利の指標であるコールレートに連動している
・このコールレートは、日銀の手の内にある

ということを書きました。

だから、変動金利で借りているあなたは、
日銀の政策動向をウォッチしておいた方が
いいかも知れません。

まぁウォッチするといっても、
チャートで確認いただいたように、
コールレートは大きく変動していません。

が、少なくとも、あなたの生活と日銀の政策は、
繋がっているということを認識しておくと、
新聞やニュース報道の、自分にとっての意味が
見えてくるでしょう。

ところで、長期金利はどうやって動くのでしょうか。

———————————————————–
■長期金利は、マーケット(市場)のメカニズムで動く
———————————————————–

結論から言いますと、長期金利は短期金利のように
日銀の手の内にはなく、マーケット(市場)の
メカニズムで決められます。

マーケット(市場)は何を見ているのかというと、
以下の3つを見ています。

1.「将来物価が上がる?」(期待インフレ率)

将来の物価水準が上がるのか下がるのか
(インフレになるのか・デフレになるのか)という“予想”です。

将来インフレになると予想されれば、
債券が売られて株式が買われる、
という動きになります。

債券が売られると、利回りが上昇する
というメカニズムです。

2.「経済活動が活発になる?」(期待潜在成長率)

将来経済が成長していくと“予想”されれば、
企業は設備投資を積極的に行うメリットが高まります。

長期の資金需要が増えて、
長期金利が上昇するというメカニズムです。

3.「貸したお金がちゃんと返ってくる?」(リスクプレミアム)

長期資金の貸し手が、借り手に対して
要求する上乗せ金利ですね。

返済される見込みが薄ければ薄いほど、
金融機関など資金の貸し手が要求する
リスクプレミアムが高まり、
長期金利が上昇するというメカニズムです。

新聞等で長期金利の動きが報じられる時は、
10年ものの国債新発債利回りの動きが取り上げられます。

債券「相場」が値上がりすれば長期金利は低下、
値下がりすれば長期金利は上昇というように、
長期金利も「相場」として動きます。

—————————————————
■よい金利上昇と悪い金利上昇
—————————————————

さて現在、長期金利は低いままですね。

131112_長プラ推移

理由は「経済活動は活発になる」という
確信がまだ低いからですね。

「将来の物価があがる」という
期待インフレ率は上がってきた感じでしょうか。

もし、アベノミクスが功を奏し、
経済活動が活発になり、物価が緩やかに上昇していけば、
それに応じて、長期金利は上昇していきます。

これは良い金利上昇です。

でももし、リスクプレミアムの上昇が理由で、
金利が上昇すると、
これは悪い金利上昇です。

これは資金の貸し手が、
貸した資金がちゃんと返してくれるか不安になって、
高い上乗せ金利を要求するようになるという状況です。

さて、長期金利が動くメカニズムを掴んだところで、
これがあなたの組んでいるローンとどういう関係があるのでしょうか。

それは次回ということで・・・

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

長期金利で短期金利の変動を予測する

こんにちは! 今日は終日研修のため、朝から夕方まで外出。 家族との時間をほとんど

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

no image

選ぶな危険、変動金利。 ~“堅実な”はずの人が、人生を賭けた博打に出てしまう不思議~ 

  こんにちは。 我々は普段から、いろいろな選択をしています。 ランチに

記事を読む

住宅ローンの返済に困ったら・・・

こんにちは。 もうすぐクリスマスですね。 サンタさんに願い事は伝わっているでしょうか

記事を読む

no image

変動金利と固定金利では、どちらがトクなのか(1)

こんにちは! 夜のマックで、このブログを執筆中です。 店内のBGMは、クリスマスソングです。

記事を読む

no image

変動金利と固定金利では、どちらがトクなのか(2)

こんにちは! ローンを組む場合、変動か固定か どちらを選びますか。 それがこの記事のテ

記事を読む

no image

住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 100万円単位で得する話ですので、

記事を読む

定期的におカネを積み立てたら、●年後にはいくらになる?【年金終価係数の原理】

例えば、 毎年年末に50万円ずつ銀行に積み立てるとします。 年利1%で運用すると20年後

記事を読む

住宅ローンの返済に困ったら・・・

こんにちは。 今、カフェでこのブログを執筆しています。 私の隣には、カップルがい

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑