*

不動産投資の仕組み(カラクリ)(1)

 

こんにちは!

「投資用マンションを買いませんか?」

という勧誘電話を
受けたことはないでしょうか。

「自分年金つくりませんか」
「とっておきの節税方法があります」
「銀行預金よりも有利な運用方法です」



というセールスの電話です。

この手の勧誘電話は、
日中職場にかかってきます。

電話をかけてくる相手は、
最初会社名を名乗らず、
あなたが知らない個人名で
電話が掛けてくることが大半です。

電話を受けた人から取次を受け、
「誰だろうな?」
と思って電話に出てみると、
この手の勧誘電話だった、
というのがお決まりのパターンです。

私のところにも時々掛かってきます。

ちょうど先日もかかってきました。

わざわざ、どこかで名簿を購入して、
職場にまで電話を掛けてまで
売りたいシロモノですから、
まず購入者(=投資家)にとってうまみがない、
と考えるのが自然です。

こちらの都合とか全く無視して、
電話を掛けてきて
「買ってクレクレ~」
といった電話は、
コールドコール(Cold Call)っていうんですよね~。

もしかしたら、中には
「待ってました!!買います!買います!」
という方もいらっしゃるのかもしれません。

が、多くの方は、
何かに取り込み中だったり、
なんとなく怪しいなと感じたりして、
セールストークを全て聞かないまま、
電話を切ってしまう場合が多いでしょう。

でも、心のどこかで、
「もしかしたら、儲かるんじゃないかな」
とか
「そもそも、どういう仕組み(カラクリ)なのかな」
って気になりませんか。

かといって、

こういった売り込みに対して
いろいろ質問すると、
相手に「見込みのある客だ」とみなされ、
後あと断りづらくなるかもしれません。

次回以降、この仕組みについて
取り上げたいと思います。

私が不動産投資の仕組み(カラクリ)を知った時、
「見えないものを見る」 というのは、
こういうことなのか・・・
と感心してしまいました。

ちょっと大げさかもしれませんが。



ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

不動産投資の仕組み(カラクリ)(6)~相談すべき人は誰か~

こんにちは。 ここ何回かに分けて不動産投資 というテーマを取り上げてきました。 私自身

記事を読む

no image

不動産投資の仕組み(カラクリ)(2)

  こんにちは! 今日も青い空が広がっていましたね。 さて、前回に続き、

記事を読む

no image

不動産投資のリスク ~高掴みリスク~

  こんにちは。 先日は、不動産投資を勧める 販売会社が “強調

記事を読む

不動産投資のリスク~賃料の値下げを要求されるリスク~

  こんにちは! 我が家のクリスマス気分も盛り上がってきました! さて、

記事を読む

不動産投資のリスク ~建物の老朽化リスク~

こんにちは! 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室リ

記事を読む

no image

不動産投資のリスク ~空室リスク~

ビルの谷間できれいな花が咲いていました。[/caption] こんにちは! 不動産投資

記事を読む

no image

不動産投資の仕組み(カラクリ)(5)~セールスで強調されるポイント~

  こんにちは! 先日、不動産投資の取組み妙味として、 「節税効果」について

記事を読む

不動産投資のリスク ~建物の倒壊リスクなど~

こんにちは! 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室

記事を読む

不動産投資のリスク ~金利の上昇リスク~

こんにちは! 12月は、楽しいイベントが目白押しですね。 特に子どもにとっては・・・

記事を読む

no image

不動産投資の仕組み(カラクリ)(3)~税金が戻ってくる!?~

  こんにちは! 先日、不動産投資の仕組み(カラクリ) を理解するには、

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑