*

ゼロから分かる!エクセルを使った金利の計算

こんにちは。

住宅ローンを組んでマイホームを購入する人は多いです。

昨日は、頭金がなく変動金利で購入資金を借入するのは、
人生を賭けたギャンブルではないかというお話でした。

実は、変動金利・固定金利などとさらっと書いてしまいましたが、
後になってふと疑問に思ったことがあります。

それは、あなたがどこまで金利について理解されているかということです。
ということで、今回は金利の計算について取り上げます。

ある方が、ツイッターでつぶやきました。

「年利0.4%の3ヶ月定期預金に
100万円を満期まで預けると
いくら利息がもらえますか?」

そうしたところ、たくさんの方が、
たくさんの人が回答をツイートしてくれたそうです。

期待していたのはシンプルに考えて、
元本100万円×0.4%×(3ヶ月/12ヶ月)=1,000円
という答え。

ところが、返ってきた回答例は以下のようなものだったそうです。

「3000円」
「とっさには計算できない」
「108万7757円」
「100万9853円」
「400円」
「一万円?」
「666円」
「100.1万!」
「1333円」
・・・

(もちろん、正しく理解できている方もいたそうですが)

金利計算に必要な数字は、基本的には金利や期間、
元本の額だけで、それがわかれば小学校でも計算ができます。

((1+r)のn乗で割り算する現在価値の
計算とかになると、ややこしくなりますが。)

でも、大人でも金利の計算できない人が
多数くいるという現実があるようです。

「えっ、ウソでしょ?」とも思いましたが、
教わったことがないんですね。

筆者自身も、学校教育で教わった記憶はありません。。。汗

もし、自分も金融の仕事に携わらなければ、
きっと答えられなかったでしょう。

「金利」のちょっとした考え方・計算の仕方を
知らなかったばかりに借金が膨らみ、
保有している資産の価値が下がり、
家族がバラバラになることだったあります。

返済がきつくなると、冷静に情報を収集し、それを分析/評価し、
適切な手を打つことができなくなってしまいます。

中には追い込まれて自殺してしまう方もいます。

誰しも、お金を借りたときは、
まさか自分が自己破産といった状況に追い込まれるとは
想像もしていなかったでしょう。

あなたの(住宅)ローンについて考えてみてください。
以下の項目についていくつチェックがつけられますか。

===========================================
□借入したローン金額が分かる

□金利のタイプが分かる(変動金利/固定金利/固定期間付変動金利)

□適用金利が何%か分かる

□借入期間(返済期間)がいつまでか分かる

□完済時の年齢が何歳か分かる

□総返済金額(借入元本+支払利息総額)が分かる

□現在のローンの残高が分かる

===========================================

金利のタイプが変動金利だから、将来の金利が分からない。

だから、総返済金額(借入元本+支払利息総額)なんて
分かりようながないって反論しないでくださいね。

======================================
●借入時の適用金利がずっと続いたらどうなるか

●仮にもし来年から適用金利が
●現在よりも1%上がったらどうなるか
======================================

ということは、カンタンに計算ができるのです。

貸し手である銀行は、ほとんどの場合、
・過去の元利金返済の明細
・向こう6ヵ月の返済計画
を紙で送ってだけでしょう。

当たり前といえば当たり前ですが、
あまり余計な計算をしてもらいたくない
という意図も見え隠れします。

でも、エクセルを使えば、あなた自身が、
———————————————————–
・返済総額(借入元本+支払利息総額)がいくらか
・例えば、60歳時点での借入残高がいくらか
・繰上返済したら、完済時期をどれだけ短縮できるのか
・繰上返済したら、毎月の返済金額をいくらに減額できるのか
———————————————————–
といったことがパパっと分かってしまいます。

便利ですね。

今置かれている現状を把握することなしに、
ただ漠然と不安だ不安だと心配してみたところで、
有効な解決策は見つかり様がありません。よね?
金利の計算方法を学ぶ機会はとても少ないと思います。
少なくとも学校では習いません(でした私は)。

社会に出てから、まるで役に立たない「古文」なんかよりも、
「金利計算」を教えた方が、
これからの時代を生き抜くチカラが身に付くと思います。

っと言ったら、言い過ぎでしょうか。

21世紀は、”目に見えて、触れるモノ”よりも、
“見えないコト”の重要性が高まる気がします。

IT技術の進展などで世界はますます狭くなり、
社会に出たらそこはジャングルです。

あなたが、解決策を知らなかったために、
あなたに不都合なことが起きる可能性もあります。

ジャングルで暮らすルールを理解し、
あなたの資産価値を向上させるツールの使い方を
これからもお伝えしていきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

変動金利と固定金利では、どちらがトクなのか(2)

こんにちは! ローンを組む場合、変動か固定か どちらを選びますか。 それがこの記事のテ

記事を読む

no image

エクセルで簡単に算出!ローンの借入可能金額~変動金利と固定金利の比較~

こんにちは! 昨日は、あなたの(住宅)ローンについて、 エクセルというツールを使うと、

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

no image

変動金利と固定金利では、どちらがトクなのか(1)

こんにちは! 夜のマックで、このブログを執筆中です。 店内のBGMは、クリスマスソングです。

記事を読む

adsense レクタングル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑