*

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(1)~私募債とは?メリットとは?~

こんにちは!

日本の企業の99.7%は中小企業です。
中小企業における就労者数は
全労働人口の約70%を占めています。

今回は、中小企業(オーナー企業)の
資金調達について取り上げます。

中小企業の資金調達といえば、
銀行などの金融機関から事業融資を受ける
(ローンを組む)ことが中心ですね。

そして融資を受ける際には、
・経営者個人が保有している資産の担保提供
・個人保証
が求められることが多いです。

ではもし、金融機関から融資を受ける以外で、
以下のような資金調達の方法があったら、
検討したいと思いませんか。

————————————————————
●経営者個人が保有する資産の担保提供が不要
●経営者本人の個人保証も不要
●借入利息は後払いでOK(年1回の後払い)
●既存の融資枠が一杯になっている場合でも利用可能
●償還期間が自由に設定可能
●金利が自由に設定可能で、しかも支払利息は、経費(損金)に算入可能
●経営権が確保される
●資金調達に成功した場合、金融機関の格付けが上がる可能性がある
●自社および資金提供者にとっても、節税効果がある
●手続きが簡単
————————————————————-

実は、中小企業が無担保・無保証で資金調達するのに、
「少人数私募債」という方法(ツール)があります。

少人数私募債がどんなものかということを、
5W1Hを使って簡単に説明するとこんな感じです。

誰が(Who?)     :主に中小企業が
なぜ(Why?)      :資金調達のため(金融機関の事業融資とは別に)
誰に(Where?)   :縁故者(親族、友人知人、取引先など)に対して
どうやって(How?) :直接発行する(間接金融ではなく)
何(What?)           :社債(債券)
いつ(When?)       :2015年12月31日までの発行には、税制メリットがあり

どうでしょう。ざっくり掴んでもらえましたでしょうか。

もし、あなたの会社が、以下の項目に当てはまれば
検討してみてはいかがでしょうか。

—————————————————————————————–
●自社は、非上場の中小企業である
●株主は、代表者およびその配偶者などに限られている
●資本金は、1億円以下である
●事業資金は、金融機関からの借入(融資=間接金融)が中心
●事業資金の借入には、代表者の個人保証がついている
●毎月の返済額(元本部分と金利相当分)の負担が重い
●金融機関から借入以外で資金調達する方法があれば検討してみたい
●自社の事業について把握しており、きっちりと説明することができる
●高い志/理念を持ち、今後も事業を発展させていきたいと考えている
—————————————————————————————–

どうでしょう。項目は多いですが、
全てに当てはまるという企業も
多いのではないでしょうか。

次回以降で、
・金融機関からの融資との違い
・返済キャッシュフローの違い
・投資家にとってのメリット
・少人数私募債のデメリット
・少人数私募債の募集・発行にかかわる主な条件
といったことについて取り上げて行きます。

あなたの課題を解決する方法/ツールがあっても、
知らなければ使えません。

膨大な情報を収集し、整理/分析/評価し、
あなたの課題解決の手がかりとなる情報を提供していきます。

それが、あなたの資産価値の向上につながるからです。
お楽しみに!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(4) ~私募債のデメリット~

こんにちは。 前回は、私募債の購入者/資金提供者の メリットについて取り上げました。

記事を読む

no image

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(5) ~資金提供者にとってのリスク~

こんにちは。 前回は、私募債の中小企業にとっての デメリットを考えました。 主なデメリ

記事を読む

no image

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(3) ~私募債購入者/資金提供者のメリット~

こんにちは! 前回は、一般の事業融資と私募債の 違いについてまとめました。 主な相違点

記事を読む

no image

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(2)~融資(銀行借入)と私募債の違いとは~

こんにちは! 中小企業(オーナー企業)の 資金調達について取り上げました。 ・中小企業

記事を読む

adsense レクタングル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑