*

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(2)~融資(銀行借入)と私募債の違いとは~

こんにちは!

中小企業(オーナー企業)の
資金調達について取り上げました。

・中小企業の資金調達は、
金融機関からの借入中心であること

・借入に際しては、経営者個人が
保有している資産の担保提供、
経営者の個人保証が求められることがほとんどということ

・ただ、中小企業が無担保・無保証で
資金調達する手段もあること

・それは、少人数私募債(私募債)というもので、
経営者と縁故のある人に直接債券を発行すること

・私募債のメリット

についてお伝え、お伝えしました。

さて、今回は一般的な融資との違いについてです。

===============================
■融資(金融機関からの借入)と少人数私募債の相違点
===============================

事業融資と私募債の相違点はなんでしょうか。

主な相違点は、以下の通りです。

**********************************
1) 担保提供や保証料の支払
2) 金利設定の自由度
3) 借入金額
4) 元利金の返済
**********************************

1)担保提供や保証料の支払

金融機関から融資を受ける場合と異なり、
私募債では基本的に担保提供や保証料がありません。

2) 金利設定の自由度

金融機関から融資を受ける場合、
適用金利は銀行から提示を受けます。

基本的には、提示された金利を飲むか、
飲まないかの選択となる場合が多いでしょう。

もちろん、複数の金融機関から条件提示を受け、
金利引き下げの交渉をすることもありかもしれませんが。

一方、私募債の適用金利は、
発行する中小企業が設定することになり、
比較的自由度は高くなります。

金利は当然、大企業が発行する
公募の社債の金利よりも、高くします。

そうでなければ、投資家にとってはあなたの会社が発行する
社債を引き受ける(購入する)意味がありませよね。

金利を高く設定しても、
社債の支払利息は経費(損金)に算入が可能です。

3) 借入金額

一般的な融資では、
金融機関から例えば1,000万円借りても、
事前段階で保証協会への保証料、
銀行への前払利息などが引かれてしまい、
全額が口座に入金されるわけではありません。

一方私募債は、
借入金額全額が口座に振り込まれます。

4) 元利金の返済

一般的な融資では、据え置き期間後、
すぐに月々の元利金の返済がスタートします。

返済は、元本+金利で構成されますから、
その分のキャッシュが出て行きます。

一方私募債の方は、元本の支払は満期まで据え置かれます。
期中の支払は、金利のみです。

しかもその金利の支払は年1回の後払いのケースが多いです。

だから期中のキャッシュアウトは少ないです。

ただ、逆に満期時(償還時)は、
元本の支払いを一気にしなければならないので、
一般の融資の返済に比べて、
キャッシュアウトが大きくなります。

3,000万円の融資を受けた場合と
同額を私募債で調達した場合の
それぞれ満期時までのキャッシュフローの
イメージはこんな感じです。

131003_私募債_CF2

ちなみに、通常はこんな感じでしたよね。
131003_通常借入_CF1

————-—————————————————-

あなたの課題を解決する方法/ツールがあっても、
知らなければ使えません。

膨大な情報を収集し、整理/分析/評価し、
あなたの課題解決の手がかりとなる情報を提供していきます。

それが、あなたの資産価値の向上につながるからです。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(3) ~私募債購入者/資金提供者のメリット~

こんにちは! 前回は、一般の事業融資と私募債の 違いについてまとめました。 主な相違点

記事を読む

no image

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(1)~私募債とは?メリットとは?~

こんにちは! 日本の企業の99.7%は中小企業です。 中小企業における就労者数は 全労働人

記事を読む

no image

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(4) ~私募債のデメリット~

こんにちは。 前回は、私募債の購入者/資金提供者の メリットについて取り上げました。

記事を読む

no image

中小企業が銀行融資以外で、資金調達する方法(5) ~資金提供者にとってのリスク~

こんにちは。 前回は、私募債の中小企業にとっての デメリットを考えました。 主なデメリ

記事を読む

adsense レクタングル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑