*

お客さんの売却物件情報を、オープンにしないのは誰?

140825_えげつないねぇ
先週から、不動産会社が物件売却のために、
どのような活動をしているのかを書いてきました。

主な活動は以下の5つでしたね。

——————————————————–
1)REINS(レインズ)への登録
2)チラシの作成と配布
3)インターネットサイトに掲載
4)現地でのアピール
5)他の不動産会社と協力
——————————————————–

そして、先日まで1)-4)までを説明してきました。

今回は最後の5)についてです。

1)-4)は、売主から物件を預かった不動産会社が行うことですが、それだけでは買い手の候補を増やすのには十分ではありません。不動産は高額な売り物ですから、スグに買い手が見つかるとは限りません。

だから、他の不動産会社に、買い手を紹介してもらうのです。

以上、1)-5)まで取り上げてきましたが、これらに共通するのは、とにかく物件の売却情報を広く知らしめる、ということです。

不動産を購入したい人に、十分な情報が行き渡った方が、売買が成立する確率が高まります。これは売主にとって、早く顧客が見つかるということになり、メリットと言えます。

売却物件情報を、オープンにしないのは誰?

しかし、不動産会社の中には、売主から預かった物件情報を、広く知らしめることに消極的な会社があります。

それは、“両手取引”を狙う不動産会社です。

他の不動産会社からの買い手の候補の紹介を避け、自社の顧客の中だけからしか、買い手を見つけようとしません。なぜなら、売主と買主の両方から手数料を得ようとしているからです。

これでは「早く顧客を見つけたい」という、売主のニーズに反していることになります。

このように、他の不動産会社からの協力を避け、情報をオープンにせず、顧客の囲い込みを行う不動産会社はどのような会社でしょうか。

それは・・・

主に“大手の”不動産会社です。

何故なら、“大手”不動産会社のブランドで、ある程度の買い手候補の数は集めることができてしまうからです。

「えっ!?それの何が悪いの?」と思った方、こちらをご覧ください。

「高値で買う」と言った人には売らず、「安値でしか買わない」といった人に売る(!?)ことが、起こり得るのでしたね。

大手だからと言って、「安心だ」「信用できる」と考えているとしたら、それは思考停止というものです。

今日のなるほど!!

・お客さんから預かった売却物件の情報を、オープンにしない不動産会社がある
・それは、主に大手の不動産会社

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

自宅売却で、不動産会社と契約を結ぶまでの流れ

自宅(戸建・マンション)を売却する時、売主だけで、買主を見つけるのは困難です。そこで通常、不動産会社

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(2) 見学前に検討すること(自己資金)

失敗する住宅選び 昨日のエントリーでは、住宅選びに際して、以下のような流れで住宅選びをすると、失敗

記事を読む

地積測量図と建物図面の見方

先日は、公図の見方について取り上げました。 今回は、地積測量図と建物図面の見方について取り上げ

記事を読む

登記事項証明書(登記簿謄本)の取得のための地番の確認方法

土地建物の情報は、法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)を入手することにより、調べられます。

記事を読む

相続対策が対策にならなくなった理由

これまでの”定石(対策)”の効果 先日のエントリーでは、相続税対策についての 以下のような“定石

記事を読む

マイホームを早く高く売る10のコツ(事前準備編)

マイホームを売却すると決め、不動産会社と契約を締結したら、あとは一日も早く、高く売却したいと思うもの

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(3) 見学前に検討すること(借入可能額)

住宅の購入に際しては、住宅ローンを組むケースが多いです。あなたの場合、いくら借りられるでしょうか。

記事を読む

売却を任せるのは、購入した時の不動産会社!?

暑い夏もそろそろ終わり。 週末、息子は練習を再開しました。 息子の当面の目標は、

記事を読む

不動産を共有しておくことの唯一のメリット(?)

共有の不動産は、 売却・賃貸・建て替えなどの物件の取り扱いに際して、 自由がききません。

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑