*

売却を任せるのは、購入した時の不動産会社!?

(縮)練習再開
暑い夏もそろそろ終わり。

週末、息子は練習を再開しました。

息子の当面の目標は、
幼稚園の運動会のかけっこで一番になり、
妖怪ウォッチのおもちゃを買ってもらうこと
です・・・^^

大人からすると、
「こんなもの(おもちゃ)が、
こんなにするのー(価格)、高っ」
っと、思ってしまいます。

でも、子ども達にとっては、
とっても価値(?)を感じている
ようです。。。(笑)

まぁー誰もが一度は通る道ですからね。

1等賞取れるように、頑張れ!!

■住み替え希望のママ友との会話

昨日、あるママ友と立ち話を
していたときの話です。

そのご家族は、
自宅マンションを売却して
住み替えを希望されています。

現在、買い手を探して
おられるとのこと。

立ち話だったので、
詳しくは聞きませんでしたが、
売却して手にした現金をもとに
現在のローンを整理するのでしょう。

そして、ローン完済後に
残った資金があれば、
新しい家を取得する際の
原資にしたいとのお考えでしょう。

売却を任せるのは、
自動的に購入した不動産会社!?

どこの不動産会社に売却を任せたか
(どこの不動産会社と媒介契約を結んだか)
をお尋ねしてみると、
大手の○井不動産とのこと。

その理由を尋ねてみると、
「購入したところだから」
「大手だし、そこでいいかな」
と。

私:うーん・・・

個人の事情に、
いきなりしゃしゃり出てもなんですので、
とりあえず、

・不動産売買の仕組み(カラクリ)
・片手取引、両手取引

について、情報提供して差し上げました。

反応は・・・
「!!!!」
っていう感じでしたでしょうか。

一日でも早く、
少しでも高く
売却したい!

っというニーズがなんとなく、
見えていますので、
少しでもお役に立てたら幸いです^^)

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

失敗しない住宅選びのコツ(3) 見学前に検討すること(借入可能額)

住宅の購入に際しては、住宅ローンを組むケースが多いです。あなたの場合、いくら借りられるでしょうか。

記事を読む

no image

フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注意(精査)すべきという記事を書

記事を読む

不動産売却に際してヒアリングされる10のポイント

昨日は、不動産の売却を検討している方が、「不動産会社から最初に質問されること」について書きま

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

登記事項証明書を取得する際の注意点

購入を検討している不動産(土地・建物)について調べるには、登記事項証明書を取得します。 この証

記事を読む

戸建て・マンション売却における取得費の計算事例

昨日のエントリーでは、 マイホームを売却する際の 建物の取得費の計算例を取り上げました。

記事を読む

一般の人が閲覧できる不動産取引情報レインズ(REINS)の活用方法

昨日のエントリーでは、 不動産の取引事例を知る方法として、 国土交通省が公表している 土地総合

記事を読む

20%ポイント還元と20%値引きはどちらがお得?

例えば、 店頭価格20,000円する プリンターを購入するとします。 このとき、

記事を読む

登記事項証明書(登記簿謄本)の取得のための地番の確認方法

土地建物の情報は、法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)を入手することにより、調べられます。

記事を読む

売主のためだけに動く不動産会社を選ぶことのメリット

先日は、売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目をご紹介しました。ただ、実はいろいろと考

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑