*

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

140911_選ぶ

先日までのエントリーで、
自分で簡単に売却(取得)する
不動産の相場感を掴む方法
について取り上げました。

これができれば、
あなたと不動産会社にあった、
情報の非対称性はかなり縮められる
はずです。

そしたら初めて、
不動産会社に簡易査定なり
実査定を依頼してみましょう。

今回は、
売却依頼すべき
不動産会社を選ぶ際の
チェック項目をご紹介します。

依頼を避けるべき不動産会社/担当者

以下のような対応をする
不動産会社/担当者は、
まず依頼しない方が賢明でしょう。

●「このマンション限定でお客様がいます!」
などと、調子のよいことを言ってくる


●契約前から「買取り業者も紹介できます」
などと、買取り業者の斡旋について
さらりと切り出してくる


●査定価格とは別に「売出価格」
などと称して、より高い価格を設定してくる

何故、依頼(媒介契約の締結)を
避けるべきなのか
は、
例えば以下をご参照ください。

ご参考:売主が泣き、不動産会社が嗤う仕組み(カラクリ)

上記のようなところは、
調子や威勢がよい言葉だけを繰り返し、
かつ言葉遣いやマナーなど、
社会人としてもどうか
と思う方も少なくありません。

依頼を検討すべき不動産会社/担当者

逆に、以下のような対応をする
不動産会社/担当者は、
売却の依頼を検討してみましょう。

●査定価格の根拠が明確

●豊富な広告の手段を、
事前に説明してくれる


●ほかの不動産会社にも、
売却する物件を紹介しようとしている


●売却対象物件のマイナス面も、
率直に話してくれる

上記のようなところであれば、
その不動産会社/担当者の
信頼度は高いと言えそうです。

今日のなるほど!!

140911_不動産会社チェック項目

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

売主が泣き、不動産会社が嗤う仕組み(カラクリ)

昨日のエントリーでは、 ・不動産会社が斡旋した買取り業者への売却は、サイテーな方法 ・売

記事を読む

住んでいる街の洪水危険度

最近、大気が不安定になり、大雨特別警報などの警報や注意報が出され、洪水による浸水被害や土砂災害が全国

記事を読む

理想を叶えるために、まず取組むこと

この世で変わらないもの、それは「変化がある」ということです。これは疑いようのない真理です。た

記事を読む

不動産の共有関係を解消する方法

あなたの不動産は、 あなた一人だけが所有しているものでしょうか。 それとも、 他の誰かと共

記事を読む

不動産の売却価格と時間との関係

■売主の売却希望価格 不動産を売却する売主にとっては、売却価格が高いに越したことはありません。

記事を読む

不動産の売却(購入)時における、固定資産税の精算方法

固定資産とは何か 固定資産税とは、自宅・相続した実家・投資用マンションなど、固定資産(不動産)を所

記事を読む

マイホームを早く高く売る10のコツ(事前準備編)

マイホームを売却すると決め、不動産会社と契約を締結したら、あとは一日も早く、高く売却したいと思うもの

記事を読む

マイホームを早く高く売る10のコツ(見学対応編)

マイホームを売却する場合、数多く売り出している物件の中から、あなたのマイホームを選んでもらわなければ

記事を読む

登記事項証明書の見方 ~表題部はここに注目~

登記事項証明書(登記簿謄本)は、個人でいうところの戸籍のようなものです。 登記事項証明書を見る

記事を読む

不動産売却に際してヒアリングされる10のポイント

昨日は、不動産の売却を検討している方が、「不動産会社から最初に質問されること」について書きま

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑