*

不動産の売却がなかなか進まない理由とは

前回は、
空き家を解体して
更地にしない(できない)理由
について取り上げました。

その理由は、
「土地の固定資産税・都市計画税
が跳ね上がってしまうから」
でしたね。

100万円単位の費用をかけて空き家を解体して、
直ちに“いい値”で売却できれば、
問題はないかもしれません。

ただ、立地条件がよくなかったりして
市場価値がなければ、
そう簡単に売れるものでもありません。

「高額査定、高額買取り」の
甘い誘い文句に引き寄せられると、
結局のところ買い叩かれる
ことになるのでご注意を。
そもそも、政府には
経済刺激策の名目があります。

だから、住宅の供給を続ける
政策を転換させるのは
容易ではありません。

そうなると、ますます
供給>需要
の傾向が強まるでしょう。

解体しても売却できなければ、
更地のままとなり、
高い固定資産税を払うことになります。

であれば、空き家は緊急の問題
ではないとして、
「とりあえず放っておくか」
ということになりがちです。

不動産の売却がなかなか進まない理由

今回は、
土地価格の推移から、
不動産の売却が
なかなか進まない理由
について考えます。

チャートを見てお分かりのように、
バブル崩壊以降、不動産価格は
下落傾向にあります。
130926_市街地価格指数

2005年くらいから2008年の
リーマンショックのときまでは、
一時的に不動産価格が上がった
時期がありました。

しかし、長期の時系列でみると、
その上昇も気休め程度ですね。

バルブ崩壊して間もなく購入された方は、
購入したときの価格よりも、
現時点の方が、資産価値が下がっているはずです。

例えば、
90年台初頭に1億円で購入した土地が、
現在は2,000万円の市場価値になってしまった
というようなケースです。

その人たちからすれば、
売却してしまうと
損失が確定してしまうので、

心理的に売却を決断しづらい
ということになります。

もしかしたら、
「これから不動産価格は
また上がるかもしれない」
という淡い期待を抱いているかもしれません。

将来のことは、
もちろんわかりませんが、
このチャートを眺めてみて
あなたはこれから不動産価格が
上がると思いますか??

きっと、どうすることもできずに
固まってしまう方も
多いのではないでしょうか。

(現実逃避して、見て見ぬふりする
”放置プレー”したくなりますよねw。)

次回以降、
(居住用の)不動産を売却した時にかかる
税金について取り上げます。

売却すると、損失が出ても
税金を払わなければならないでしょうか。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(1)

こんにちは! マイホーム、クルマ、インテリア、 カメラといったものは、 カタチがあり、手に

記事を読む

戸建かマンションを選ぶポイント

  住宅産業は「裾野が広い産業」と言われています。住宅建設には、林業・セメント業・鉄

記事を読む

no image

あなたを豊かにする3つの資産価値

  このブログは、あなたの資産価値を向上させるための 手がかりをシェアしていきます。

記事を読む

土地と建物を一括で売却した際、建物の取得費はいくらになる?

昨日は大切な仲間と一杯。北千住の「大はし」さんへ。 名物の肉豆腐で舌鼓。 さ

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(4)

家を売却した時の税金の仕組みについての続きです。 これまで、譲渡所得金額の計算式である

記事を読む

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(3)

こんにちは! 夜は、大学時代の後輩と一杯でした。 帰ると家には誰もおらず・・・ 妻

記事を読む

お客さんの売却物件情報を、オープンにしないのは誰?

先週から、不動産会社が物件売却のために、 どのような活動をしているのかを書いてきました。

記事を読む

戸建て・マンション売却における取得費の計算事例

昨日のエントリーでは、 マイホームを売却する際の 建物の取得費の計算例を取り上げました。

記事を読む

消費税から建物価格を算出する方法

先日のエントリーでは、土地と建物の区分方法について、 以下の4つがあるという話をしました。

記事を読む

no image

海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナーに参加する機会がありました。

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑