*

売主のためだけに動く不動産会社を選ぶことのメリット

140916_味方

先日は、売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目をご紹介しました。ただ、実はいろいろと考えなくとも、売主の味方になってくれる不動産会社を選べばいいのです。

売主の味方になってくれる不動産会社とは、

●両手取引はしません!
●売主だけのために動きます!
●売主が納得するまで買取りは致しません!

と宣言している不動産会社です。

140916_売主のため

これまで、売却物件の情報の「囲い込み」や買取り業者の斡旋は、大手不動産会社が中心になって行っていました。不動産業界の中では「暗黙の了解」だったのです。目的はもちろん、両手取引をするためです。

このことは一般の個人は知る由がありませんでした。この情報の非対称性が不動産業界の収益の源泉になっているのでしたね。

売主のため“だけ”に動く不動産会社に依頼するメリット

不動産という資産の売却に際して、委託する不動産会社を選ぶ基準について考えます。最初に購入したところではなく、大手でもなく、売主だけのために動いてくれる不動産会社を選ぶとどんなメリットがあるか考えてみましょう。

●高い価格で売却しようと努力してくれる
●情報公開を惜しまない
●マーケットの隅々にまで情報が浸透する
●高い価格で売却しようと努力してくれる

売主だけのだけに動く不動産会社にとっての収益は、売主から支払われる手数料のみです。これが唯一の収益機会です。売主の物件が高く売却できれば、不動産会社の収入が増加するというシンプルな仕組みです。売主と不動産会社の目的は「できるだけ高く売る」ということで一致します。

買主からも手数料を得ようとする(両手取引を行う)不動産会社であれば、そうはいきません。

●情報公開を惜しまない

売主のためだけに動く不動産会社は、買主のからは手数料を得ません。だから、買主はほかの不動産会社に紹介してもらうことになります。そのため、売主から預かった物件の情報を幅広く公開します。こうすることで、より早く高い価格で売却することにつながります。

●マーケットの隅々にまで情報が浸透する

売却する物件を広く知らしめるための広告には、当然に費用がかかります。たいてい1つの不動産会社だけでは、大規模に広告費を投じることはできません。しかし、売主だけのために動く不動産会社は、情報を提供した多くの不動産会社と協力して買い手を探すための広告を打つことができます。

あらゆるポータルサイトに情報が掲載されることで、その情報はマーケットの隅々にまで浸透することになります。

ご参考:
不動産会社が行う、売却のための5つの主な活動とは?

今日のなるほど!

不動産という資産の売却に際して、委託する不動産会社を選ぶメリットは以下の通り。

●高い価格で売却しようと努力してくれる
●情報公開を惜しまない
●マーケットの隅々にまで情報が浸透する

最初に購入したところではなく、大手でもなく、売主だけのために動いてくれる不動産会社を選ぶ方がよさそうですね。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

マイホームを早く高く売る10のコツ(事前準備編)

マイホームを売却すると決め、不動産会社と契約を締結したら、あとは一日も早く、高く売却したいと思うもの

記事を読む

土地と建物を一括で売却した際、建物の取得費はいくらになる?

昨日は大切な仲間と一杯。北千住の「大はし」さんへ。 名物の肉豆腐で舌鼓。 さ

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(3) 見学前に検討すること(借入可能額)

住宅の購入に際しては、住宅ローンを組むケースが多いです。あなたの場合、いくら借りられるでしょうか。

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(2) 見学前に検討すること(自己資金)

失敗する住宅選び 昨日のエントリーでは、住宅選びに際して、以下のような流れで住宅選びをすると、失敗

記事を読む

住宅ローンの斡旋・事務代行の手数料は支払うべきか

あなたは、住宅ローンを組んで家を購入するとします。 不動産販売会社経由で住宅ローンを申し込むと

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(1)

結婚して、家族が増えると、 もっと広い家に住み替えたいと思うもの。 住み替えの選択肢

記事を読む

不動産を共有しておくことの唯一のメリット(?)

共有の不動産は、 売却・賃貸・建て替えなどの物件の取り扱いに際して、 自由がききません。

記事を読む

不動産会社は、どのように預かった物件を売るのか

先日のエントリーでは、 ・不動産会社が行う売却活動は主に5つあること ・具体的には、

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

地積測量図と建物図面の見方

先日は、公図の見方について取り上げました。 今回は、地積測量図と建物図面の見方について取り上げ

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑