*

不動産の共有関係を解消する方法

あなたの不動産は、
あなた一人だけが所有しているものでしょうか。

それとも、
他の誰かと共同で所有しているものでしょうか。

例えば、

●共働きの夫婦が不動産を購入した
●相続により不動産を引き継いだ

という場合に共有することがありますね。

このように、1つの物件を
複数の人が共同で所有することを、
共有といいます。

不動産を共有することの何が問題なのか

不動産を自分だけが所有していれば、自分の意思で自由に売却したり賃貸に出したりすることができます。ところが、共有していると、いろいろ面倒なことがあります。

例えば、

●売却するには、共有者全員の同意が必要になる

●賃貸したり、それを解除したりするには、
共有者の落ち分の価格の過半数の同意が必要になる

●相続税の納税のために、相続した土地を物納する場合、
共有状態のままでは物納不適格財産として収納されない

このような制約が、不動産の売却や有効利用を妨げる障害になっています。

この結果、共有不動産が収益をほとんど生んでいないにもかかわらず、毎年多額の固定資産税等を支払続けることになります。そして、共有者に相続が発生した際には、その相続人に多額の相続税が課税されるということがあります。

これは地域にとってもマイナスです。確かにこれは、個人というか一族だけの問題ではあるのですが、空き家のような有効活用できない土地が増えると、中長期的に街の魅力度が低下して衰退につながります。筆者の住んでいる松戸は、古い街ですので、こういう問題が起きている気がしています。

もし、共有関係を解消できれば、売却したり有効活用ができ、固定資産税を上回る収益を生み出す可能性が出てきますよね。また、相続税納入に備えることも可能となるのです。もちろん、地域にとってもプラスとなりますよね。

共有関係を解消する方法

141025_real estate dissolution

以下の4つの方法があります。

1)現物分割
2)換価による分割
3)代償金による分割
4)価額賠償による分割

1)現物分割
これは、共有している不動産を物理的に分割する方法です。ただ、あまり現実的ではない気がします。

例えば、分譲マンションの一戸を物理的に分割することはできませんからね。よっぽど広い土地をお持ちの方に限られますね。

2)換価による分割
共有の不動産を他に売却し、その代金を共有者の間で分割するという方法です。

そういえば、筆者が内覧した中古物件は、共働きの夫婦が離婚したために売出しとなった、と聞きました。その物件は見送りましたけど(汗)

3)代償金による分割
共有者の1人が他の共有者の持ち分を全部取得する代わりに、その対価を他の共有者に支払う方法です。

ちなみに、この場合、代償金を受ける方の方は、持ち分移転の登記義務を負いますのでご注意を。

4)価額賠償による
現物分割を基本とし、その過不足を価額賠償により調整する方法です。

いずれにしましても、共有を解消するもの一苦労ありますね。心理的にも大変です。なので、これからご購入を検討される方は、所有者を一人のみとされる方がよろしいかと思います。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

家を売却したときの税金の仕組み(3)

家を売却した時の税金の仕組みについて、 これまで以下のようなことを説明しました。 -

記事を読む

不動産売却に際してヒアリングされる10のポイント

昨日は、不動産の売却を検討している方が、「不動産会社から最初に質問されること」について書きま

記事を読む

no image

法人・個人のお金にかかわる相談相手(1)

こんにちは! マイホーム、クルマ、インテリア、 カメラといったものは、 カタチがあり、手に

記事を読む

不動産売買の成約価格の異常値(外れ値)に惑わされない方法

昨日のエントリーでは、実際の不動産売買の成約価格をもとにした不動産取引情報提供サイト、REINS M

記事を読む

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がいる場合は、話が複雑になる、とい

記事を読む

売主が泣き、不動産会社が嗤う仕組み(カラクリ)

昨日のエントリーでは、 ・不動産会社が斡旋した買取り業者への売却は、サイテーな方法 ・売

記事を読む

不動産会社は、どのように預かった物件を売るのか

先日のエントリーでは、 ・不動産会社が行う売却活動は主に5つあること ・具体的には、

記事を読む

不動産の売却がなかなか進まない理由とは

前回は、 空き家を解体して 更地にしない(できない)理由 について取り上げました。 そ

記事を読む

一般の人が閲覧できる不動産取引情報レインズ(REINS)の活用方法

昨日のエントリーでは、 不動産の取引事例を知る方法として、 国土交通省が公表している 土地総合

記事を読む

不動産を共有しておくことの唯一のメリット(?)

共有の不動産は、 売却・賃貸・建て替えなどの物件の取り扱いに際して、 自由がききません。

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑