*

海外不動産投資には要注意

公開日: : 不動産

海外の不動産投資に興味がありますか?

先日、海外不動産のセミナーに参加する機会がありました。

筆者の場合、たまたまご縁があって、
興味本位で行ってみたのですが、
その雰囲気がとっても異様な感じがしたので、
情報をシェアします。

■どうして海外の不動産に投資するの?

海外で収益用の不動産を保有するのは、
以下のような事情を考慮しているからだと考えられます。

(日本の事情)
少子高齢化による人口減少
供給過剰による空き家増加
中長期的には円安に向かう可能性


(海外の事情)
若い動労力人口の増加
住宅インフラの不足
経済成長の可能性


“総論”はまぁ話として頷けるところはあります。

しかし、だからと言ってやみくもに個別の投資案件(各論)について、
精査することなく、意思決定してしまうことは
あまりにもリスキーな感じがしました。

物件の写真等をイメージしたスライドを多用し、

いかにこの物件が魅力的か
現地の有力財閥系のディベロッパーが開発した物件なので信頼できるか
立地がとても素晴らしいか
物件価格が上がり続けているか
希少物件で今投資することがいかに良いのか

を強調していました。

一方で、具体的な数値、
コスト面などについては、サラっと終わり。

正直、
「えっ!?こんだけ?」
「これで、具体的に検討する人いるのかな・・」
と思っていました。

しかしなんとセミナー終了後には、
たぶん会場の半数以上の人が、
購入意思を表明する「LOI(Letter of Intent)」
にサインしていました。

「え!?ホントに!?」
というのが正直な感想です。

まあ、LOIだけではまだ、
資金の支払い義務は生じないのではありますが、
それにしても余りにも・・・という感じでした。

そんなに旨みがある案件なのかと思い、
詳しく知りたいと思ったので、
筆者も詳細について調べてみました。

続きはまたの機会に。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

一般の人が閲覧できる不動産取引情報レインズ(REINS)の活用方法

昨日のエントリーでは、 不動産の取引事例を知る方法として、 国土交通省が公表している 土地総合

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(2)

先日より、家を売却したときの 税金の仕組みについて取り上げています。 確認したのは、

記事を読む

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

先日までのエントリーで、 自分で簡単に売却(取得)する 不動産の相場感を掴む方法 につ

記事を読む

消費税から建物価格を算出する方法

先日のエントリーでは、土地と建物の区分方法について、 以下の4つがあるという話をしました。

記事を読む

単身世帯は広い家、大家族は狭い家

新築の住宅を取得する“住宅投資”は、 経済波及効果が高いと“信じられて”います。 個人には“

記事を読む

登記事項証明書を取得する際の注意点

購入を検討している不動産(土地・建物)について調べるには、登記事項証明書を取得します。 この証

記事を読む

no image

フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注意(精査)すべきという記事を書

記事を読む

不動産の共有関係を解消する際の注意点

先日のエントリーでは、 不動産の共有関係を解消する方法として、 以下の4つを取り上げました。

記事を読む

不動産会社が売主のために動いているかを確認する方法

これまでのエントリーで、 両手取引の売主にとってのデメリットについて説明しました。

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑