*

不動産の売却価格と時間との関係

140929_売却価格と時間の関係

■売主の売却希望価格

不動産を売却する売主にとっては、売却価格が高いに越したことはありません。一般の人が当初考える売却価格は、実際の相場(市場価格)を上回った希望価格であることが多い。これは、「少しでも高く売りたい」という心理に基づいたものですね。

この市場価格を100とすると、売主の売却希望価格は120-130くらいになるイメージでしょうか。

ただ、市場価格は、
・近隣の類似物件の成約事例
・公示価格や路線価
といったものから客観的に算出されるものです。

ここから、売主の希望通り、市場価格を大幅に上回った価格で購入してくれるケースは、まず稀ではないでしょうか。

■査定価格

不動産会社に、査定額の算出を依頼すると、おおよその市場価格がつかめるでしょう。査定価格を算出する方法は、どの不動産会社もほぼ変わりがないので、究極的には、市場価格である100に収束するはずです。

ただ、実際には「高額査定」を謳い、不動産会社で価格にばらつきが出ます。これは、少しでも高い査定額を提示して、「とりあえず媒介契約を結んでおきたい」という心理が働くからでしょう。

例えばもし、複数の不動産会社に査定依頼し、以下のような査定額を提示されたら、あなたならどう思いますか。

A社査定額:3,000万円(100:市場価格)
B社査定額:3,300万円(110:市場価格の10%増し)
C社査定額:3,600万円(120:市場価格の20%増し)

きっとC社と媒介契約を締結したくなるはずですね。
市場価格(100)を提示してきたA社には目もくれないかもしれません。

本来であれば、査定価格=市場価格なのかもしれませんが、実際には査定価格>市場価格となっているケースもあります。

■売出し価格

例えば、先ほどのケースでC社と媒介契約を結んだとします。売主であるあなたは、売出し価格を3,600万円と設定しました。(売出し価格を決めるのは、売主です。)

でも、この値段では、なかなか売れないでしょう。C社も最初からその価格では売れないと思っています。C社からすると、高額査定3,600万円を売主に提示したのは、あくまでも媒介契約を結びたいからだけです。当初売出し価格=成約価格とは必ずしもならないのです。

そのうち、C社からは「売出し価格を下げましょう」とのシナリオ通りの提案が入ります。売主は、「売れ残りリスク」が頭をよぎり、しぶしぶC社の提案を受け入れることになります。

■成約価格

ここで、あくまでも査定価格で売ることにこだわると、逆に「売れ残りリスク」が高まり、なかなか引き合いが入らなくなります。

結局、市場価格を下回った金額が、成約価格になることもありますね。

■業者買取り価格

それでも売れなければ、C社から買取りの提案もあり得ます。でもこの場合の提示額は、市場価格の70%くらいにしかならないでしょう。「もう早く売りたい。現金化したい」という売主の足元を見ていますので、不動産会社も強気の価格提示ができるわけですね。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

不動産売却で最初に質問されること

家を売却する理由は? あなたは何故、ご自分の家を売却するのでしょうか。 考えられる理由として

記事を読む

登記事項証明書の見方 ~表題部はここに注目~

登記事項証明書(登記簿謄本)は、個人でいうところの戸籍のようなものです。 登記事項証明書を見る

記事を読む

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

土地と建物を一括で売却した際、建物の取得費はいくらになる?

昨日は大切な仲間と一杯。北千住の「大はし」さんへ。 名物の肉豆腐で舌鼓。 さ

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(1)

結婚して、家族が増えると、 もっと広い家に住み替えたいと思うもの。 住み替えの選択肢

記事を読む

不動産会社は、どのように預かった物件を売るのか

先日のエントリーでは、 ・不動産会社が行う売却活動は主に5つあること ・具体的には、

記事を読む

不動産売却に際してヒアリングされる10のポイント

昨日は、不動産の売却を検討している方が、「不動産会社から最初に質問されること」について書きま

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(2) 見学前に検討すること(自己資金)

失敗する住宅選び 昨日のエントリーでは、住宅選びに際して、以下のような流れで住宅選びをすると、失敗

記事を読む

不動産の売却(購入)時における、固定資産税の精算方法

固定資産とは何か 固定資産税とは、自宅・相続した実家・投資用マンションなど、固定資産(不動産)を所

記事を読む

不動産売買の成約価格の異常値(外れ値)に惑わされない方法

昨日のエントリーでは、実際の不動産売買の成約価格をもとにした不動産取引情報提供サイト、REINS M

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑