*

建築単価から建物の取得価格を調べる方法

不動産の売却に際して、
建物部分の取得価格はどう算出
したらいいでしょうか。

例えばマンションの場合、
購入当時の領収書には
支払総額だけが書かれていて、
「建物部分がいくらかわからない」
ということはあります。

先日のエントリーでは、
土地と建物の区分方法について、
以下の4つをご紹介しました。


1)消費税から建物価格を逆算して求める方法

2)標準建築単価から求める方法
3)固定資産税評価額の比率で按分する方法
4)土地の時価を算定し、残りを建物価格とする方法

そして、この中で
1)消費税から建物価格を逆算して求める方法
を取り上げたわけです。

今回は、
2)建築単価から求める方法
についてご紹介します。

建築単価から建物の取得価格を求める方法

求める手順は、以下の通りです。
① 対象となる建物の築年数を調べる

建築年月日や建物の構造は、
建物の全部事項証明書等で確認ができます。

② 建築価額表から1㎡当たりの建築単価を調べる

建築単価は、以下の通りです。

141015_建築単価表

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/kisairei/joto/pdf/014.pdf
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/kisairei/joto/

こちらは、国税庁のHPにある
「建物の標準的な建築価額表」ですが、
これは国土交通省の「建築統計年報」
がベースとなっているのですね。

③ 建物の取得価格を算出する

建物の取得価額
=②の建築単価(千円/㎡) × 延べ床面積(㎡)

(マンションの床面積は専有面積で算出できます。)

▼事例

2006年(平成8年)9月に70平方メートルの
専有面積の新築マンション
(鉄骨鉄筋コンクリート造)を購入した場合
表から建築単価は、229.7千円/㎡ですから、

建物の取得価額
=229.7千円×70㎡
=16,079千円

っと、簡単に算出できますね。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

不動産投資のリスク ~建物の老朽化リスク~

こんにちは! 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室リ

記事を読む

no image

不動産投資のリスク ~空室リスク~

ビルの谷間できれいな花が咲いていました。[/caption] こんにちは! 不動産投資

記事を読む

マイホームを早く高く売る10のコツ(事前準備編)

マイホームを売却すると決め、不動産会社と契約を締結したら、あとは一日も早く、高く売却したいと思うもの

記事を読む

売主が泣き、不動産会社が嗤う仕組み(カラクリ)

昨日のエントリーでは、 ・不動産会社が斡旋した買取り業者への売却は、サイテーな方法 ・売

記事を読む

小規模宅地等の特例の整理

先日は、相続税の計算上の財産評価に際して、 ●現金→土地(自用地)→土地(貸家建付地) とす

記事を読む

no image

不動産投資の仕組み(カラクリ)(5)~セールスで強調されるポイント~

  こんにちは! 先日、不動産投資の取組み妙味として、 「節税効果」について

記事を読む

no image

資産価値の評価~建物(木造)の評価例~

  こんにちは! 今日帰ったら、先日衝動買いした 七輪が届いてました

記事を読む

法務局でまず手に入れるべき4つの書類

法務局では、不動産に関する情報が入手できます。情報を入手するために、まず地番と家屋番号を入手しましょ

記事を読む

相続対策としての土地活用のカラクリ(前提編)

経済系の月刊誌などを見ると、最近「相続・相続税対策」の特集が組まれています。「相続税対策なんて、自分

記事を読む

不動産投資のリスク ~本業の失業リスク~

こんにちは。 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑