*

家を売却したときの税金の仕組み

2014-09-15 12.02.47

群馬県桐生市の梅田湖にて。マイナスイオン~♫

自分の家を売却したら、一体いくら税金がかかるのか。売却を検討している方にとっては、その後の生活の資金繰りもあるので、気になることではないでしょうか。

例えば、3,000万円で自宅を売却した場合。売却金額3,000万円に対して一律○%の税金がかかる、という単純な話ではありません。話はもう少し複雑です。基本的な仕組みについて、押さえておきましょう。

全体感は以下の通りです。

—————————————————–
●課税対象となるのは、「売却金額」ではなく「譲渡所得金額」

●譲渡所得金額の計算方法
 譲渡所得金額=収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額

●各項目の説明
 -取得費
  ・≠購入金額そのままじゃないですよ
  ・取得費の書類がない場合の悲劇(!?)
 -譲渡費用
 -特別控除額

●所有期間の計算には注意が必要

●マイホーム(自宅)を売却して、譲渡損失が生じた場合の特例
 -新たにマイホーム(自宅)を買い換える場合
 -買い換えない場合
—————————————————–

以下、順に説明しますね。

●課税対象となるのは、「売却金額」ではなく「譲渡所得金額」

よくある誤解は、3,000万円で売却したら、その売却金額(3,000)万円に対して、税金がかかるというもの。

課税される(税金がかかる)のは、売却金額そのものではなく、「譲渡所得金額」に対してなのです。

ここがスタート地点です。

●譲渡所得金額の計算方法

その譲渡所得金額は、以下のように計算されます。

譲渡所得金額=収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額

チャートに図示するとこんなイメージです。
140919_譲渡所得金額の計算

これだと、「計算式は苦手・・・」という方にも、直感的に理解してもらえるのではないでしょうか。

次回以降で、各項目について説明しますね。

あっ、梅田湖に行ったあとのランチはやっぱりそばでした。ダイエット、ダイエット・・・
(縮)2014-09-15 13.10.02

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

自宅売却で、不動産会社と契約を結ぶまでの流れ

自宅(戸建・マンション)を売却する時、売主だけで、買主を見つけるのは困難です。そこで通常、不動産会社

記事を読む

不動産を共有しておくことの唯一のメリット(?)

共有の不動産は、 売却・賃貸・建て替えなどの物件の取り扱いに際して、 自由がききません。

記事を読む

不動産投資のリスク ~勘定合って銭足らず~

こんにちは。 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室リ

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(3) 見学前に検討すること(借入可能額)

住宅の購入に際しては、住宅ローンを組むケースが多いです。あなたの場合、いくら借りられるでしょうか。

記事を読む

売却を任せるのは、購入した時の不動産会社!?

暑い夏もそろそろ終わり。 週末、息子は練習を再開しました。 息子の当面の目標は、

記事を読む

戸建て・マンション売却における取得費の計算事例

昨日のエントリーでは、 マイホームを売却する際の 建物の取得費の計算例を取り上げました。

記事を読む

no image

不動産投資のリスク ~空室リスク~

ビルの谷間できれいな花が咲いていました。[/caption] こんにちは! 不動産投資

記事を読む

登記事項証明書の権利部(乙区)の6つのポイント

登記事項証明書(乙区)には、所有権以外の権利に関する事項が記載されています。 中古物件を購入す

記事を読む

no image

海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナーに参加する機会がありました。

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑