*

家を売却したときの税金の仕組み(3)

140922_homesaletax

家を売却した時の税金の仕組みについて、
これまで以下のようなことを説明しました。

——————————————————
●課税対象となるのは、
「売却金額」ではなく「譲渡所得金額」

●譲渡所得金額の計算方法
譲渡所得金額
=収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額

●取得費には、物件購入代金以外
のものも含められる

●建物の取得費は、購入した時の金額ではない
(購入時の取得費から減価償却相当額を
差し引いて算出する)

●「取得費」を証明できる書類は
必ず見つけるべし

なければ、支払税額が増えることも
——————————————————

さて今回は、譲渡費用についてです。

具体的な主な費用項目としては、

▼仲介手数料
▼司法書士報酬
▼取壊し費用
(建物を取壊して土地を売ったとき)

▼測量費
(土地や建物を売るために直接要した費用)

▼立退料
(貸家の売却に際して支払った費用)

などが挙げられます。

建物を取り壊して土地を売った場合、
建物の取り壊し費用は、
(土地の売却に際しての)
譲渡費用とすることができます。

例えば、

新築で購入した木造建物を、
築20-30年経過した時点で売却すると、
建物の取得費は、
購入時の金額から減価償却相当額を控除
することで計算できます。

土地だけを売却するために、
建物を取り壊した場合、
上記で計算された「建物の取得費」は、
「土地を売却するための譲渡費用」
となります。

これは価値がまだ残っている建物を
取り壊してなくしてしまうから、
その価値分を「損」として認めましょう
という考えに基づくのですね。

今日は時間切れでいったんこの辺で。
ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

no image

事業と不動産を売却したいけど、見込み薄なケース

こんにちは! 今日は朝から電車に乗って、 ある中小企業を訪問しました。 先方の意向は、

記事を読む

空き家に対する固定資産税の特例はなくなる?

持ち家の方は、毎年固定資産税を払っているはずです。 あなたが支払っている固定資産税には、恐らく

記事を読む

不動産会社が売主のために動いているかを確認する方法

これまでのエントリーで、 両手取引の売主にとってのデメリットについて説明しました。

記事を読む

登記事項証明書の見方 ~表題部はここに注目~

登記事項証明書(登記簿謄本)は、個人でいうところの戸籍のようなものです。 登記事項証明書を見る

記事を読む

お客さんの売却物件情報を、オープンにしないのは誰?

先週から、不動産会社が物件売却のために、 どのような活動をしているのかを書いてきました。

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(4)

家を売却した時の税金の仕組みについての続きです。 これまで、譲渡所得金額の計算式である

記事を読む

消費税から建物価格を算出する方法

先日のエントリーでは、土地と建物の区分方法について、 以下の4つがあるという話をしました。

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(2)

先日より、家を売却したときの 税金の仕組みについて取り上げています。 確認したのは、

記事を読む

土地と建物を一括で売却した際、建物の取得費はいくらになる?

昨日は大切な仲間と一杯。北千住の「大はし」さんへ。 名物の肉豆腐で舌鼓。 さ

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み

群馬県桐生市の梅田湖にて。マイナスイオン~♫[/caption] 自分の家を売却したら、一体

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑