*

家を売却したときの税金の仕組み(3)

140922_homesaletax

家を売却した時の税金の仕組みについて、
これまで以下のようなことを説明しました。

——————————————————
●課税対象となるのは、
「売却金額」ではなく「譲渡所得金額」

●譲渡所得金額の計算方法
譲渡所得金額
=収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額

●取得費には、物件購入代金以外
のものも含められる

●建物の取得費は、購入した時の金額ではない
(購入時の取得費から減価償却相当額を
差し引いて算出する)

●「取得費」を証明できる書類は
必ず見つけるべし

なければ、支払税額が増えることも
——————————————————

さて今回は、譲渡費用についてです。

具体的な主な費用項目としては、

▼仲介手数料
▼司法書士報酬
▼取壊し費用
(建物を取壊して土地を売ったとき)

▼測量費
(土地や建物を売るために直接要した費用)

▼立退料
(貸家の売却に際して支払った費用)

などが挙げられます。

建物を取り壊して土地を売った場合、
建物の取り壊し費用は、
(土地の売却に際しての)
譲渡費用とすることができます。

例えば、

新築で購入した木造建物を、
築20-30年経過した時点で売却すると、
建物の取得費は、
購入時の金額から減価償却相当額を控除
することで計算できます。

土地だけを売却するために、
建物を取り壊した場合、
上記で計算された「建物の取得費」は、
「土地を売却するための譲渡費用」
となります。

これは価値がまだ残っている建物を
取り壊してなくしてしまうから、
その価値分を「損」として認めましょう
という考えに基づくのですね。

今日は時間切れでいったんこの辺で。
ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

法務局でまず手に入れるべき4つの書類

法務局では、不動産に関する情報が入手できます。情報を入手するために、まず地番と家屋番号を入手しましょ

記事を読む

相続対策としての土地活用のカラクリ(序章)

昨夜は、友人が設立したNPO法人の設立総会に出席してきました。 「みらいびと」というNPO法人

記事を読む

不動産の共有関係を解消する際の注意点

先日のエントリーでは、 不動産の共有関係を解消する方法として、 以下の4つを取り上げました。

記事を読む

不動産投資のリスク ~金利の上昇リスク~

こんにちは! 12月は、楽しいイベントが目白押しですね。 特に子どもにとっては・・・

記事を読む

相続財産としての土地の評価額を下げる具体的な事例

先日のエントリーでは、土地の評価額の計算方法を取り上げました。 今回は具体的な事例で考えてみま

記事を読む

不動産の売却(購入)時における、固定資産税の精算方法

固定資産とは何か 固定資産税とは、自宅・相続した実家・投資用マンションなど、固定資産(不動産)を所

記事を読む

no image

不動産投資のリスク ~空室リスク~

ビルの谷間できれいな花が咲いていました。[/caption] こんにちは! 不動産投資

記事を読む

単身世帯は広い家、大家族は狭い家

新築の住宅を取得する“住宅投資”は、 経済波及効果が高いと“信じられて”います。 個人には“

記事を読む

自宅売却における建物の取得費の計算方法

自宅(マイホーム)を売却する際に かかる税金は、「譲渡所得金額」 に基づいて計算されます。

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(4)

家を売却した時の税金の仕組みについての続きです。 これまで、譲渡所得金額の計算式である

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑