*

家を売却したときの税金の仕組み(4)

140926_tax_deduction

家を売却した時の税金の仕組みについての続きです。

これまで、譲渡所得金額の計算式である、

譲渡所得金額
=収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額

のうち、取得費と譲渡費用のところまで
説明しましたね。
140919_譲渡所得金額の計算

今回は、特別控除についてです。

自宅(マイホーム)売却には税金はかからない(!?)

特別控除にはいろいろありますが、
自宅(マイホーム)の売却にかかわる
特別控除があります。

これは一定の要件を満たせば、
収入金額-(取得費+譲渡費用)
で計算されたものから、
さらに特別控除として3,000万円を
差し引くことができる
というものです。

これを計算した結果、
譲渡所得金額が0円以下
となれば税金がかからない

という仕組みです。

■具体的事例

自宅(マイホーム)売却の
収入金額が5,000万円、
そこから差引く取得費と譲渡費用
の合計が4,000万円の場合、
収入金額-(取得費+譲渡費用)は、
1,000万円(5,000万円-4,000万円)です。

“一定の要件”を満たす場合、
ここから特別控除として
3,000万円を差し引くことができます。

その場合、
1,000万円-3,000万円≦0万円
となり税金がかかりません。

(※収入金額-(取得費+譲渡費用)が、
3,000万円に満たない場合、
差引くことができる特別控除額は、
収入金額-(取得費+譲渡費用)
が限度です。)


自宅(マイホーム)を売却しても、

多くのケースで税金がかからないのは
この特例のお蔭
なのですね。

特例適用の一定の要件とは

では、この特別控除を
適用できるための一定の要件
とは何でしょうか。

それは以下のような要件です。


▼現に自分が住んでいる
家屋やその敷地を売却すること

▼かつて自分の住んでいた
家屋や敷地を、居住しなくなった年
から3年後の年末までに売却すること

▼配偶者や生計を一にする
親族など特殊関係者への売却
ではないこと

▼かつて自分が住んでいた
家屋や敷地を取り壊した場合は、

1)その敷地の譲渡契約は、
家屋を取り壊した日から
1年以内に締結されること

2)住まなくなった日から
3年後の年末までに売却すること

3)家屋を取り壊してから
自宅の売買契約を締結した日まで、
その敷地を貸駐車場など
その他の用に供さない

をすべて満たすこと

などがあります。

要するに、

▼親から子へ売却した

▼空き家になってから
5年経ってから売却した

▼家を取り壊して、
更地で売却しようとしたが、
なかなか売却できないので、
とりあえず青空駐車場にした

といったケースでは、
この特別控除は適用できません
のでご注意を。

また、

▼この特例を受けるためのみ
の目的で入居し、その後に売却した場合

▼仮住まい・別荘を売却した場合

にも適用できませんのでご注意を。
詳細を知りたい場合は、
こちらにアクセスくださいませ。

国税庁HP:No.3302 マイホームを売ったときの特例
https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3302.htm

自宅(マイホーム)を売却するなら
税金面では早めがおトク
ってことですね。

これはなかなか難しいかもしれませんが。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

土地の購入前に役所で確認すること(接道義務)

信じ難いことかもしれませんが、建物が建てられない土地というのも存在します。 そういった土地は「

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(3)

家を売却した時の税金の仕組みについて、 これまで以下のようなことを説明しました。 -

記事を読む

相続対策としての土地活用のカラクリ(前提編)

経済系の月刊誌などを見ると、最近「相続・相続税対策」の特集が組まれています。「相続税対策なんて、自分

記事を読む

住んでいる街の洪水危険度

最近、大気が不安定になり、大雨特別警報などの警報や注意報が出され、洪水による浸水被害や土砂災害が全国

記事を読む

単身世帯は広い家、大家族は狭い家

新築の住宅を取得する“住宅投資”は、 経済波及効果が高いと“信じられて”います。 個人には“

記事を読む

空き家を解体して更地にしない(できない)理由

「もう誰も住まなくなった家は、 解体して更地にしよう。」 「そうすれば、 建物の部分

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(5)

ノートPCを買い換えました。[/caption] 家を売却した時の税金の仕組みとして、 譲渡所得

記事を読む

不動産の売却がなかなか進まない理由とは

前回は、 空き家を解体して 更地にしない(できない)理由 について取り上げました。 そ

記事を読む

相続財産としての土地の評価額を下げる具体的な事例

先日のエントリーでは、土地の評価額の計算方法を取り上げました。 今回は具体的な事例で考えてみま

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(3) 見学前に検討すること(借入可能額)

住宅の購入に際しては、住宅ローンを組むケースが多いです。あなたの場合、いくら借りられるでしょうか。

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑