*

家を売却したときの税金の仕組み(5)

ノートPCを買い換えました。

ノートPCを買い換えました。

家を売却した時の税金の仕組みとして、
譲渡所得金額の計算方法を説明してきました。

譲渡所得金額は、
収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額
で計算されるのでしたね。

そして前回は、最大3,000万円の特別控除が適用できれば、結果として自宅(マイホーム)を売却しても税金がかからないケースがあるという内容でしたね。

さて、次は譲渡所得金額を計算したあとに税金を計算方法についてです。

売却した年の1月1日時点の所有期間は5年超or5年以下?

計算する上でキーとなるのが、「所有期間」です。これはとっても重要です。

なぜなら、所有期間によって、税率がほぼ2倍違ってくるからです。

どちらの税率を適用するかの判定は、所有期間によります。

ただ、ここでわかりづらいのが、所有期間は、実際の所有期間ではなく、譲渡した年の1月1日時点における所有期間ということです。

140925_長短譲渡所得

例えば、

こんな例を考えてみましょう。

2009年4月にマンションを購入し、2014年12月に売却したとします。

その場合、実際の所有期間は、5年8ヶ月なのですが、譲渡した年(2014年)の1月1日時点における所有期間は、4年9ヶ月となるということです。

これは、所有期間は5年以下ということになり、短期譲渡所得となってしまいます。

140925_長短判定

短期と長期で税金はどれだけ違う?

例えば、
譲渡所得金額が2,000万円としましょう。

長期譲渡所得であれば、税率は所得税と住民税合わせて20%となり、計算される税負担金額は、400万円となります。

ところが、短期譲渡所得の場合、税率は所得税と住民税合わせて39%となり、税負担額は、780万円となり、380万円も負担額が違ってきます。これは大きいですね。

「もう少し待ってから売却すればヨカッタ・・・」とならないように、「売却する年の1月1日時点で」“5年超”となっているかどうか、確認してみましょう。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

相続対策としての土地活用のカラクリ(序章)

昨夜は、友人が設立したNPO法人の設立総会に出席してきました。 「みらいびと」というNPO法人

記事を読む

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

売却を任せるのは、購入した時の不動産会社!?

暑い夏もそろそろ終わり。 週末、息子は練習を再開しました。 息子の当面の目標は、

記事を読む

登記事項証明書(登記簿謄本)の取得のための地番の確認方法

土地建物の情報は、法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)を入手することにより、調べられます。

記事を読む

地積測量図と建物図面の見方

先日は、公図の見方について取り上げました。 今回は、地積測量図と建物図面の見方について取り上げ

記事を読む

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

先日までのエントリーで、 自分で簡単に売却(取得)する 不動産の相場感を掴む方法 につ

記事を読む

消費税から建物価格を算出する方法

先日のエントリーでは、土地と建物の区分方法について、 以下の4つがあるという話をしました。

記事を読む

買主のための基本的な謄本の見方と注意点

不動産を購入される方は、売主とされる方が、本当にその物件の所有者かどうか見極める必要があります。

記事を読む

現金を土地に変えるだけで、相続税を節税できる!?

先日より、相続対策としての土地活用のカラクリについて書いています。 先日のエントリーで

記事を読む

マイホームを早く高く売る10のコツ(見学対応編)

マイホームを売却する場合、数多く売り出している物件の中から、あなたのマイホームを選んでもらわなければ

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑