*

消費税から建物価格を算出する方法

公開日: : 最終更新日:2014/10/13 不動産, 売却, 税制

先日のエントリーでは、土地と建物の区分方法について、
以下の4つがあるという話をしました。

1)消費税から建物価格を逆算して求める方法
2)標準建築単価から求める方法
3)固定資産税評価額の比率で按分する方法
4)土地の時価を算定し、残りを建物価格とする方法

今回はその続きです。

1)消費税から建物価格を逆算して求める方法

具体的には以下の通りです。

建物価格 =(消費税 ÷ 8%(5%又は3%))+ 消費税
土地価格 = 土地・建物の合計額 - 建物価格

消費税率は購入時の税率を適用します。
———————————————
・1988年4月1日~2007年3月31日…3%
・2007年4月1日~2014年3月31日…5%
・2014年4月1日~8%
———————————————


▼事例

2006年9月に購入したマンションの領収書に、
購入代金5,000万円(うち消費税60万円)
と書かれていた場合

購入時の建物の価格
=(600千円 ÷ 3%)+ 600千円
= 20,600千円

購入時の土地の価格
=50,000千円 - 20,600千円
=29,400千円

で建物の購入時の金額は、
20,600千円となります。

ちなみに、
この物件を2014年12月に
売却すると仮定した場合、
建物の取得費は以下の手順で計算できます。

①所有期間(経過年数)の算出
②減価償却費の算出
➂取得費の算出

経過年数は8年ですから、

減価償却費
=購入時の金額×0.9×償却率×経過年数
=20,600千円×0.9×0.015×8年
≒2,225千円

です。

従って、

取得費
=購入時の金額-減価償却費
=20,600千円-2,225千円
=18,375千円

となります。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

不動産の共有関係を解消する際の注意点

先日のエントリーでは、 不動産の共有関係を解消する方法として、 以下の4つを取り上げました。

記事を読む

マイホームを早く高く売る10のコツ(事前準備編)

マイホームを売却すると決め、不動産会社と契約を締結したら、あとは一日も早く、高く売却したいと思うもの

記事を読む

自宅売却における建物の取得費の計算方法

自宅(マイホーム)を売却する際に かかる税金は、「譲渡所得金額」 に基づいて計算されます。

記事を読む

no image

不動産投資の仕組み(カラクリ)(5)~セールスで強調されるポイント~

  こんにちは! 先日、不動産投資の取組み妙味として、 「節税効果」について

記事を読む

相続対策が対策にならなくなった理由

これまでの”定石(対策)”の効果 先日のエントリーでは、相続税対策についての 以下のような“定石

記事を読む

不動産の売却がなかなか進まない理由とは

前回は、 空き家を解体して 更地にしない(できない)理由 について取り上げました。 そ

記事を読む

登記事項証明書を取得する際の注意点

購入を検討している不動産(土地・建物)について調べるには、登記事項証明書を取得します。 この証

記事を読む

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

先日までのエントリーで、 自分で簡単に売却(取得)する 不動産の相場感を掴む方法 につ

記事を読む

不動産売却に際してヒアリングされる10のポイント

昨日は、不動産の売却を検討している方が、「不動産会社から最初に質問されること」について書きま

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑