*

不動産の売却(購入)時における、固定資産税の精算方法

固定資産とは何か

固定資産税とは、自宅・相続した実家・投資用マンションなど、固定資産(不動産)を所有している人が、毎年支払う市町村税です。

都市計画区域内に不動産を所有する方は、更に「都市計画税」も同時に支払っているはずです。

固定資産税の負担者は誰か

この固定資産税の支払う義務のある人は、その年の1月1日の所有者です。

ということは、年の途中で不動産を取得した買主には、固定資産税の負担義務はないのです。(何故なら、1月1日時点の所有者ではありませんから。)

ただ、売主の立場からすると、年の途中で不動産を売却して所有者が変わったのに、1年間の固定資産税を旧所有者である自分が全額負担するのは、なんか納得いかないですよね。

なので、実際には不動産の売却日をもって、売主と買主の間で、以下の様に固定資産税を精算するのが一般的です。

1月1日から売買日まで
売主が負担

売買日から12月31日まで
買主の負担

(関西の方では、4月1日をベースとする慣習もあるようです。)
精算額
=買主が売主に支払う金額
=固定資産税等の金額×売買の日付から年末までの日数/365日

事例

固定資産税等の金額:100,000円
売買の日:2014年11月2日
(=12月末までは60日)

精算額
=100千円×60日/365日
=16,438円

注意点

買主(新しい所有者)は、固定資産税を支払っている“つもり”なのですが、その金額は税金ではありません。それは、不動産の売買に伴う代金の一部という扱いなのでご注意を。

あくまでも固定資産税の納税義務者は、1月1日時点での所有者である、売主です。売主が納付しますから、2014年の固定資産税を買主が直接納税することはありません。

この固定資産税・都市計画税の精算の取り扱い方法は、通常、契約書上で明記されるものです。一連の説明内容・背景をしっかりと理解してから、契約に臨みたいものですね。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

小規模宅地等の特例の整理

先日は、相続税の計算上の財産評価に際して、 ●現金→土地(自用地)→土地(貸家建付地) とす

記事を読む

ポータルサイトで「売主側の不動産会社か」を簡単にチェックする方法

昨日のエントリーでは、 不動産会社が売主のために動いているかを 確認する方法について取り上げ

記事を読む

不動産売却で最初に質問されること

家を売却する理由は? あなたは何故、ご自分の家を売却するのでしょうか。 考えられる理由として

記事を読む

不動産投資のリスク~賃料の値下げを要求されるリスク~

  こんにちは! 我が家のクリスマス気分も盛り上がってきました! さて、

記事を読む

不動産の共有関係を解消する際の注意点

先日のエントリーでは、 不動産の共有関係を解消する方法として、 以下の4つを取り上げました。

記事を読む

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

不動産の売却がなかなか進まない理由とは

前回は、 空き家を解体して 更地にしない(できない)理由 について取り上げました。 そ

記事を読む

不動産会社が行う、売却のための5つの主な活動とは?

自宅を売却する意思を固めたあなたが媒介契約を締結した後、不動産会社はどのような活動をしているでし

記事を読む

公図の見方

不動産の情報は、登記事項証明書だけではなく、公図からも確認しましょう。 公図は、敷地の範囲を示

記事を読む

no image

消費税増税前に住宅の取得を検討している方へ~贈与税の特例の話~

泣き止まない妹に兄が・・・お兄ちゃんの自覚が出てきましたw[/caption] こんにちは!

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑