*

土地の購入前に役所で確認すること(接道義務)

信じ難いことかもしれませんが、建物が建てられない土地というのも存在します。

そういった土地は「訳あり」ということになり、販売価格は、近隣のものよりもかなり“割安”に設定されています。

古家がある土地の販売広告では、しれっと「再建築不可」と小さく記載されていたりします。

もしそれに気づかずに、その物件を購入し、取り壊していざ自分の建物を建てようとしても、それができないということもあり得ます。そうなると目も当てられませんね。

そんなサイテーな事態を避けるために、市役所などの役所で情報を得るのです。

何を確認するの?

購入を検討している土地(敷地)と建築基準法を満たす道路が2m以上接しているか(接道義務を満たしているか)を確認します。

接道義務って何?

建築基準法の43条により、建物を建てるにはその土地と建築基準法上の道路が2m以上接していなければならないという義務(ルール)です。(例外規定もあります。)

どこで確認するの?

建築指導課で確認します。

松戸市の場合はこちらですかね。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/organization/machidukuribu/kentikusidou.html

 

どうやって確認するの?

窓口で「(対象の土地に接している)道路が建築基準法上の道路でしょうか。」と尋ねます。

注意点

公道であっても、必ずしも建築基準法上の道路ではないということです。例えば、東京23区では、区有道路といって、公道であっても建築基準法上の道路に該当しない場合がありますので、気を付けましょう。

もちろん、不動産会社は重要事項説明書で接道義務の説明が義務付けられているので、知らずに購入するということはまずないと思いますが、購入者自身で、役所に確認しておいた方がよいでしょう。

対象の道路が「建築基準法上の道路ではない」と言われた場合はどうするの?

その場合は、
●どのようにすれば、基準を満たすことができるのか
●他に建物を建てられる方法がないか

を相談しましょう。解決する糸口を見いだせなければ、その土地の購入自体を見送った方がよいでしょう。
ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

不動産会社が行う、売却のための5つの主な活動とは?

自宅を売却する意思を固めたあなたが媒介契約を締結した後、不動産会社はどのような活動をしているでし

記事を読む

相続対策が対策にならなくなった理由

これまでの”定石(対策)”の効果 先日のエントリーでは、相続税対策についての 以下のような“定石

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

ポータルサイトで「売主側の不動産会社か」を簡単にチェックする方法

昨日のエントリーでは、 不動産会社が売主のために動いているかを 確認する方法について取り上げ

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(4)

家を売却した時の税金の仕組みについての続きです。 これまで、譲渡所得金額の計算式である

記事を読む

不動産を共有しておくことの唯一のメリット(?)

共有の不動産は、 売却・賃貸・建て替えなどの物件の取り扱いに際して、 自由がききません。

記事を読む

戸建て・マンション売却における取得費の計算事例

昨日のエントリーでは、 マイホームを売却する際の 建物の取得費の計算例を取り上げました。

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(3) 見学前に検討すること(借入可能額)

住宅の購入に際しては、住宅ローンを組むケースが多いです。あなたの場合、いくら借りられるでしょうか。

記事を読む

住んでいる街の洪水危険度

最近、大気が不安定になり、大雨特別警報などの警報や注意報が出され、洪水による浸水被害や土砂災害が全国

記事を読む

斡旋された買取り業者への売却はサイテーな方法

「自宅(マンション/戸建て)を売却したい」 と思っているあなたはきっと、 「少しでも高く

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑