*

単身世帯は広い家、大家族は狭い家

新築の住宅を取得する“住宅投資”は、
経済波及効果が高いと“信じられて”います。

個人には“新築の”持ち家志向があります。

不動産会社もその方が
手数料の面から好都合です。

そして政府(国・地方)は、
不動産取得税、登録免許税を
購入者から徴収できます。
(これは新築・中古限らずですが)

ただ、現在の住宅のストックを
もっとうまく活用できないかと思うのです。

といいますのも・・・

141031_世帯人数別の住宅の広さ

●高齢・夫婦or単身の世帯は、
“広い家”に住んでいる

●(子育て世帯など)4人以上いる世帯は、
“狭い家”に住んでいる

という構図があるからです。

例えば、

郊外の戸建てに住む、高齢・夫婦or単身世帯の方は、
お持ちの“広い家”を売却したい

のではないでしょうか。

また、

相続で実家を取得したけれど、
相続税の納付のため、
空き家となって固定資産税等を払い続けているため、
売却したいという方も結構いるのではないでしょうかね。

一方で、

子育て世帯は、
もっと広い家に住みたい
はずですよね。

もちろん、

資産(不動産)を
・手放(売却)したい人
・取得したい人
にはそれぞれの課題があります。

ただ、

解決策は既にあるはずだし、
目の前に差し出されてもいる。

でも、活かせていない・・・

これでは知らないのと一緒
ではないでしょうか。

不動産の場合、
情報の非対称性(ギャップ)
がまだ大きいからかもしれません。

だから、

筆者はそのギャップを解消し、
売却したい人/取得したい人
双方の課題を解決していきます。

そして、こうした個々のケースの課題解決の積み重ねが
社会的な課題の解決につながると
筆者は信じています。

これからも情報発信していきますね。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

松戸駅改良計画についての雑感

松戸市民の皆さん、 松戸駅が改良されることをご存知でしょうか。 松戸市のHPにアクセスします

記事を読む

戸建て・マンション売却における取得費の計算事例

昨日のエントリーでは、 マイホームを売却する際の 建物の取得費の計算例を取り上げました。

記事を読む

松戸は衰退してしまうのか

筆者は千葉県松戸市の住人です。在住歴は結構長いです。小学校1年生から大学を卒業するまで実家が

記事を読む

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

no image

海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナーに参加する機会がありました。

記事を読む

お客さんの売却物件情報を、オープンにしないのは誰?

先週から、不動産会社が物件売却のために、 どのような活動をしているのかを書いてきました。

記事を読む

土地と建物を一括で売却した際、建物の取得費はいくらになる?

昨日は大切な仲間と一杯。北千住の「大はし」さんへ。 名物の肉豆腐で舌鼓。 さ

記事を読む

公図の見方

不動産の情報は、登記事項証明書だけではなく、公図からも確認しましょう。 公図は、敷地の範囲を示

記事を読む

データの“見せ方”に騙されず、本質を見抜くための第一歩

今回はまず、こちらのチャートをご覧ください。 これは、国土交通省が公表している マンショ

記事を読む

不動産売買の成約価格の異常値(外れ値)に惑わされない方法

昨日のエントリーでは、実際の不動産売買の成約価格をもとにした不動産取引情報提供サイト、REINS M

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑