*

売却もできない実家の処分方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/03 相続

将来的に戻る予定もない実家の不動産、どうしますか?

両親が亡くなれば、実家の土地建物は、子であるあなたが相続して引き継ぐ場合もあるでしょう。

実家の土地建物を引き継ぐということは、固定資産税を支払う義務を引き継ぐということになります。

引き継いだ土地建物が、売却したり貸出したりできる資産価値があればそれほど問題ではありません。この場合は最悪でも不動産会社に買取ってもらうという手段があります。

たた、売るに売れず、貸すに貸せず、固定資産税を支払うためのキャッシュが出ていくだけの場合があります。今後、その傾向は強まりそうです。

一般的に土地建物は、「正の資産」と見なされますが、税金を支払う義務だけを負うのであれば、引き継ぐ土地建物は「負の資産」です。

固定資産税を支払う義務だけを負うことを避ける方法はないものでしょうか。

 

解決案①:土地建物を、区市町村などに寄贈する

まず考えられるのは、相続した土地建物を区市町村や寺院などに寄贈する方法です。

ただ、いろいろ調べてみると、かつてはそれが出来たのですが、最近では断られることも増えているようです。

その理由は、土地建物の寄贈を受けても、それを管理するのに費用がかかり、財政を圧迫することになる、というのが理由だそうです。

区市町村としても、個人に土地建物を所有させておけば、固定資産税の名目で所有者から徴税でき、税収が見込めることになりますからね。だから、寄贈されることに歓迎ではないかも知れません。

 

解決策②:相続税の納付の際に不動産を物納する

相続税は金銭で納付することが原則ですが、不動産によって物納できることもあります。

ただし、ここでは詳しく書きませんが、そもそも相続税を支払う義務のある人は限られています。

相続税を支払うことになり、物納を検討する場合でも、要件が結構細かかかったりします。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4214.htm

誰もが利用できる手段ではなさそうです。

解決策③:相続を放棄し、最終的に国の国有財産にする

この方法が現実的な気がします。

以下に手順を記しますね。

■相続人が相続を放棄する

まず、子や孫など相続人の第一順位となる人が相続放棄します。

次に、直系尊属である母や祖父母など、相続人の第二順位となる人が相続放棄します。

第一、 第二の相続人がいなくなったら、第三順位の相続人が相続放棄します。

第三順位の相続人は、被相続人と父母を同じくする兄弟姉妹です。(代襲相続は1代限り(兄弟姉妹の子まで)ですがあります。)

なお、配偶者は常に相続人になります。もちろん、配偶者も相続放棄します。

以上で相続人がいなくなります。

■家庭裁判所により相続財産管理人が選任される

相続人がいなくなると、遺産は、相続財産法人という名前の法人になります。

家庭裁判所により相続財産管理人が選任され、そこから相続財産管理人が管理を行います。

相続放棄をした人は、遺産の引渡しと報告等を行います。この時点で、相続放棄した人は、納税義務などから免れることになります。

その後は特別縁故者が見つからなければ、不動産は国有化されるという訳ですね。

へぇ~、ですね。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

小規模宅地等の特例の整理

先日は、相続税の計算上の財産評価に際して、 ●現金→土地(自用地)→土地(貸家建付地) とす

記事を読む

不動産の共有関係を解消する際の注意点

先日のエントリーでは、 不動産の共有関係を解消する方法として、 以下の4つを取り上げました。

記事を読む

不動産の共有関係を解消する方法

あなたの不動産は、 あなた一人だけが所有しているものでしょうか。 それとも、 他の誰かと共

記事を読む

不動産を共有にしておくことのデメリット(具体的事例から)

相続により、不動産が相続人で共有されることがあります。 例えば、実家の土地建物。 本来で

記事を読む

行方不明になっている相続人の所在地を特定する方法

先日は、遺産分割協議がまとまらない場合に取る解決の糸口についてのお話でした。取るべき方法は、遺産分割

記事を読む

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がいる場合は、話が複雑になる、とい

記事を読む

相続対策としての土地活用のカラクリ(前提編)

経済系の月刊誌などを見ると、最近「相続・相続税対策」の特集が組まれています。「相続税対策なんて、自分

記事を読む

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議

あなたの実家の不動産(土地・建物)は、共有になっていませんか。 明確に「共有ではなく、親が単独

記事を読む

遺産分割協議がまとまらない場合の次の一手

昨日のエントリーでは、不動産を共有しておくことのデメリットを、事例を用いて整理しました。 要約

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑