*

住宅ローンの斡旋・事務代行の手数料は支払うべきか

あなたは、住宅ローンを組んで家を購入するとします。

不動産販売会社経由で住宅ローンを申し込むと、住宅ローンの斡旋(or事務代行)と称して、後から手数料を請求されることがあるかもしれません。

でもあなたは、その請求された手数料を支払うべきではないでしょう(あなたが事前に納得しているなら別ですが)。

むしろ、そんな請求をされたら、仲介を依頼する不動産会社を変えた方がいいかもしれません。

141119_支払い

融資斡旋手数料/ローン事務代行手数料とは何か

住宅の購入者が不動産会社に支払う手数料としては、仲介手数料があります。一般的には、物件購入金額(税抜)×3.24%+6.48万円で計算されるものです。

例えば、4,000万円の物件を購入したら、約136万円(4,000万円×3.24%+6.48万円)かかることになります。結構な金額ですね。

融資斡旋手数料/ローン事務代行手数料は、この仲介手数料とは別に不動産会社から請求される5-10万円ほどの手数料です。中には、30万円を超える金額を請求されることもあるとか(汗)

具体的に何に対する手数料かというと、不動産会社が行う、

●住宅ローンの審査に必要な書類を金融機関から受け取る
●あなたにその書類を渡す
●あなたに代わって、金融機関に書類を提出する

といったことの業務に対する手数料です。

手数料を支払う価値があるのか

でもよく考えてみると、金融機関からローンの審査の書類を受け取る、記入後に提出するということって、自分でできませんか?

●自分でネットや電話を使って書類を送ってもらう
●自分で記載し、必要書類を揃える
●自分で金融機関に郵送などで提出する

これだけです。

不動産会社に代行を頼んでも、
●審査の書類に記載する
●必要書類を揃える
ということは、結局自分でやらざるを得ませんから、労力は変わらないのです。

書類の提出先も、不動産会社か金融機関かだけの違いです。不動産会社は受け取った書類をただあなたに代わって、金融機関に出しにいくくらいです。

不動産会社が行うこの業務に、5-10万円もの価値があるのでしょうか。

数千万円もする不動産を購入するに際して、5-10万円といった金額は、全体からすると微々ものです。

でも、日常の生活における実額で考えると大きいのではないでしょうか。

3,000円のランチはためらう。
でも10万円の手数料はポンと出す?

不動産会社のセールスは、こんなアドバイスはまずしてくれません。何故なら売り手であり、あなたにとっての利害関係者だからです。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

マイホームを早く高く売る10のコツ(見学対応編)

マイホームを売却する場合、数多く売り出している物件の中から、あなたのマイホームを選んでもらわなければ

記事を読む

不動産売買の成約価格の異常値(外れ値)に惑わされない方法

昨日のエントリーでは、実際の不動産売買の成約価格をもとにした不動産取引情報提供サイト、REINS M

記事を読む

法務局でまず手に入れるべき4つの書類

法務局では、不動産に関する情報が入手できます。情報を入手するために、まず地番と家屋番号を入手しましょ

記事を読む

不動産の共有関係を解消する方法

あなたの不動産は、 あなた一人だけが所有しているものでしょうか。 それとも、 他の誰かと共

記事を読む

公図の見方

不動産の情報は、登記事項証明書だけではなく、公図からも確認しましょう。 公図は、敷地の範囲を示

記事を読む

買主のための基本的な謄本の見方と注意点

不動産を購入される方は、売主とされる方が、本当にその物件の所有者かどうか見極める必要があります。

記事を読む

消費税から建物価格を算出する方法

先日のエントリーでは、土地と建物の区分方法について、 以下の4つがあるという話をしました。

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

自宅売却で、不動産会社と契約を結ぶまでの流れ

自宅(戸建・マンション)を売却する時、売主だけで、買主を見つけるのは困難です。そこで通常、不動産会社

記事を読む

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

先日までのエントリーで、 自分で簡単に売却(取得)する 不動産の相場感を掴む方法 につ

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑