*

「 建物 」 一覧

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議

あなたの実家の不動産(土地・建物)は、共有になっていませんか。 明確に「共有ではなく、親が単独で所有」ということが回答できますか。もしできなければ、まずキチンと調べておいた方がよいでしょう。

続きを見る

登記事項証明書を取得する際の注意点

購入を検討している不動産(土地・建物)について調べるには、登記事項証明書を取得します。 この証明書を取得するには、登記所(法務局・支局・出張所)に備え付けてある「登記事項証明書交付申請書」に必要

続きを見る

登記事項証明書の見方 ~表題部はここに注目~

登記事項証明書(登記簿謄本)は、個人でいうところの戸籍のようなものです。 登記事項証明書を見ると、その不動産(土地や建物)についていろいろな情報が見て取れます。 例えば・・・ ・誰が

続きを見る

登記事項証明書(登記簿謄本)の取得のための地番の確認方法

土地建物の情報は、法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)を入手することにより、調べられます。 これを入手するためには、地番や家屋番号が必要になります。 地番って何? 地番は、土地の位置

続きを見る

法務局でまず手に入れるべき4つの書類

法務局では、不動産に関する情報が入手できます。情報を入手するために、まず地番と家屋番号を入手しましょう。 地番は、土地を特定するために、一筆ごとの土地につけられた番号です。一定の区域ごとに土地の

続きを見る

遺産分割協議がまとまらない場合の次の一手

昨日のエントリーでは、不動産を共有しておくことのデメリットを、事例を用いて整理しました。 要約しますと・・・ ●相続が発生した ●相続人の間で、遺産分割協議をしていないorまとまらな

続きを見る

不動産を共有にしておくことのデメリット(具体的事例から)

相続により、不動産が相続人で共有されることがあります。 例えば、実家の土地建物。 本来であれば、遺言もしくは遺産分割協議により、相続人の誰かが単独で引き継ぐのがよいでしょう。 仮にそ

続きを見る

建築単価から建物の取得価格を調べる方法

不動産の売却に際して、 建物部分の取得価格はどう算出 したらいいでしょうか。 例えばマンションの場合、 購入当時の領収書には 支払総額だけが書かれていて、 「建物部分がいくらかわからな

続きを見る

土地と建物を一括で売却した際、建物の取得費はいくらになる?

昨日は大切な仲間と一杯。北千住の「大はし」さんへ。 名物の肉豆腐で舌鼓。 さて、かつて購入したマイホームを 売却するに際して、 建物の取得費を計算するとします。 購入

続きを見る

自宅売却における建物の取得費の計算方法

自宅(マイホーム)を売却する際に かかる税金は、「譲渡所得金額」 に基づいて計算されます。 その譲渡所得金額は、 譲渡所得金額=収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額 で計算されます

続きを見る

家を売却したときの税金の仕組み(3)

家を売却した時の税金の仕組みについて、 これまで以下のようなことを説明しました。 ---------------------------------------------------

続きを見る

家を売却したときの税金の仕組み(2)

先日より、家を売却したときの 税金の仕組みについて取り上げています。 確認したのは、以下の2点です。 --------------------------------------

続きを見る

空き家を解体して更地にしない(できない)理由

「もう誰も住まなくなった家は、 解体して更地にしよう。」 「そうすれば、 建物の部分の税金はなくなる。」 そう考えて、 実家などの住宅を解体して、 更地にしようとする方も

続きを見る

松戸市と流山市の人口統計を比較して分かること

昨日のエントリーでは、松戸市と柏市・流山市など近隣の市の人口統計を比較して見えてくるものをご紹介しました。 特に浮かび上がってきたのは、 ・松戸市の総人口は、ほぼほぼ横ばいで推移している

続きを見る

不動産投資のリスク ~本業の失業リスク~

こんにちは。 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室リスク  ●建物の老朽化リスク(≒管理会社のリスク)  ●賃料の値引きリスク  ●

続きを見る

不動産投資のリスク ~建物の倒壊リスクなど~

こんにちは! 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室リスク  ●建物の老朽化リスク(≒管理会社のリスク)  ●賃料の値引きリスク につ

続きを見る

不動産投資のリスク ~建物の老朽化リスク~

こんにちは! 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室リスク について取り上げました。 今回はその続きです。 ●建物の老朽化リスク(≒管理

続きを見る

不動産投資のリスク ~高掴みリスク~

  こんにちは。 先日は、不動産投資を勧める 販売会社が “強調”するであろうポイント を整理しました。 また、不慣れな不動産投資について、 耳を傾けるべ

続きを見る

不動産投資の仕組み(カラクリ)~具体的事例~

  こんにちは! 不動産投資の取組み妙味には、 ●不動産所得のマイナスを 他のプラスの所得(給与所得など)と 「損益通算」することで、 課税所得の引き下げが可能

続きを見る

不動産投資の仕組み(カラクリ)(2)

  こんにちは! 今日も青い空が広がっていましたね。 さて、前回に続き、 不動産投資について書きます。 単純な話、事業を行う場合、 その損益は以下のように計算でき

続きを見る

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑