*

「 物件 」 一覧

失敗しない住宅選びのコツ(2) 見学前に検討すること(自己資金)

失敗する住宅選び 昨日のエントリーでは、住宅選びに際して、以下のような流れで住宅選びをすると、失敗する可能性があると書きました。 ●マイホームが欲しいと思う ●ネットやチラシで情報を集める

続きを見る

不動産売却に際してヒアリングされる10のポイント

昨日は、不動産の売却を検討している方が、「不動産会社から最初に質問されること」について書きました。最初の質問とは、「何故、この家を売却したいのか」ということでしたね。 あなたは売却したい

続きを見る

不動産売却で最初に質問されること

家を売却する理由は? あなたは何故、ご自分の家を売却するのでしょうか。 考えられる理由としては、 例えば、以下のようなものがあります。 ●家が手狭になり、広い家に住み替えたいから

続きを見る

相続対策が対策にならなくなった理由

これまでの”定石(対策)”の効果 先日のエントリーでは、相続税対策についての 以下のような“定石”をご紹介しました。 現金を不動産に変える ↓ アパートなどを建てて賃貸する ↓ 不動

続きを見る

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった、 というお話でした。 つまり、妻を説得することに 失敗したのですね。。。 そこから

続きを見る

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

先日までのエントリーで、 自分で簡単に売却(取得)する 不動産の相場感を掴む方法 について取り上げました。 これができれば、 あなたと不動産会社にあった、 情報の非対称性はかな

続きを見る

不動産売買の成約価格の異常値(外れ値)に惑わされない方法

昨日のエントリーでは、実際の不動産売買の成約価格をもとにした不動産取引情報提供サイト、REINS Market Information(レインズ マーケット インフォメーション)の活用方法について取り

続きを見る

売主が泣き、不動産会社が嗤う仕組み(カラクリ)

昨日のエントリーでは、 ・不動産会社が斡旋した買取り業者への売却は、サイテーな方法 ・売却価格は、相場から30%ほど割引いた金額にしかならない ・買取り業者の斡旋には、不動産会社が手数料

続きを見る

お客さんの売却物件情報を、オープンにしないのは誰?

先週から、不動産会社が物件売却のために、 どのような活動をしているのかを書いてきました。 主な活動は以下の5つでしたね。 ------------------------------

続きを見る

不動産会社は、どのように預かった物件を売るのか

先日のエントリーでは、 ・不動産会社が行う売却活動は主に5つあること ・具体的には、REINS(レインズ)への登録、チラシの作成と配布、ネットへの掲載、現地でのアピール、他の不動産会社

続きを見る

不動産投資のリスク ~建物の老朽化リスク~

こんにちは! 前回までは、不動産投資のリスクとして ●物件の高掴みリスク  ●空室リスク について取り上げました。 今回はその続きです。 ●建物の老朽化リスク(≒管理

続きを見る

不動産投資の仕組み(カラクリ)(6)~相談すべき人は誰か~

こんにちは。 ここ何回かに分けて不動産投資 というテーマを取り上げてきました。 私自身は、不動産投資物件の 販売を生業としているわけではありません。 「不動産投資」そのものについ

続きを見る

不動産投資の仕組み(カラクリ)~具体的事例~

  こんにちは! 不動産投資の取組み妙味には、 ●不動産所得のマイナスを 他のプラスの所得(給与所得など)と 「損益通算」することで、 課税所得の引き下げが可能

続きを見る

不動産投資の仕組み(カラクリ)(1)

  こんにちは! 「投資用マンションを買いませんか?」 という勧誘電話を 受けたことはないでしょうか。 「自分年金つくりませんか」 「とっておきの節税方法があり

続きを見る

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑