*

「 特例 」 一覧

空き家に対する固定資産税の特例はなくなる?

持ち家の方は、毎年固定資産税を払っているはずです。 あなたが支払っている固定資産税には、恐らく税制の特例が適用されていて、(本来よりも?)安くなっている、ということをご存知でしょうか。 固

続きを見る

小規模宅地等の特例の整理

先日は、相続税の計算上の財産評価に際して、 ●現金→土地(自用地)→土地(貸家建付地) とすることで、評価額を引き下げることが可能 ●更に、「小規模宅地等の特例」が適用できれば、 更に

続きを見る

相続財産としての土地の評価額を下げる具体的な事例

先日のエントリーでは、土地の評価額の計算方法を取り上げました。 今回は具体的な事例で考えてみます。 ■自用地としての評価事例 例えば、図のような土地(更地)について考えてみます。

続きを見る

家を売却したときの税金の仕組み(4)

家を売却した時の税金の仕組みについての続きです。 これまで、譲渡所得金額の計算式である、 譲渡所得金額 =収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額 のうち、取得費と譲渡費

続きを見る

空き家を解体して更地にしない(できない)理由

「もう誰も住まなくなった家は、 解体して更地にしよう。」 「そうすれば、 建物の部分の税金はなくなる。」 そう考えて、 実家などの住宅を解体して、 更地にしようとする方も

続きを見る

消費税増税前に住宅の取得を検討している方へ~贈与税の特例の話~

泣き止まない妹に兄が・・・お兄ちゃんの自覚が出てきましたw[/caption] こんにちは! 現在5%の消費税が段階的に増税されます。 まず、2014年4月からは8%になります。(

続きを見る

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑