*

土地の購入前に役所で確認すること(都市計画図)

購入を予定している不動産(土地)について、市役所などの役所に行けば、重要な情報が確認できます。逆に言えば、もし知らないで購入してしまうと、大変なことになるかもしれません。

こういった情報の中には、不動産の所有者でも知らない情報もあります。

そこで、どこに行けばどんな情報が入手できるのかを少しずつ整理してみたいと思います。

何を確認すればいいの?

都市計画図を確認します。

何が分かるの?

用途地域や都市計画道路、地域地区計画について知ることができます。

どこで確認できるの?

都市計画課です。

松戸市の場合、都市計画図をネットで入手することもできます。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/toshiseubi/tosi/kako-keikakuzu.html

141209_松戸市都市計画図

ただし、小さすぎてよくわかんないです(汗)
窓口で入手した方がいいかもしれませんね。

どうやって確認するの?

詳細については窓口で、「用途地域や都市計画道路、地域地区計画、都市施設について教えてください」と聞いてみましょう。

用途地域について

街の中で、住居、商業、工業といった土地利用は、似たようなものが集まっている方が、それぞれの環境が守られ、より効率的に活動できます。もし種類の異なる土地利用が混じっていれば、互いの生活環境や利便性が悪くなります。

だから、都市計画では都市を住宅地、商業地、工業地など12の種類に区分し、これを「用途地域」として定めています。

141209_用途地域

それぞれの用途地域によって、建築制限や用途制限がありますので、注意が必要です。

都市計画道路について

道路が新しく造られたり、既存の道路が拡幅されたりすることで、周辺の環境や利便性が大きく変わることもあります。

もし、都市計画道路が、購入を計画している土地にかかっていたり、近隣にあったりするときは、建築する際の制限について確認しましょう。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

登記事項証明書(登記簿謄本)の取得のための地番の確認方法

土地建物の情報は、法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)を入手することにより、調べられます。

記事を読む

公図の見方

不動産の情報は、登記事項証明書だけではなく、公図からも確認しましょう。 公図は、敷地の範囲を示

記事を読む

相続対策としての土地活用のカラクリ(序章)

昨夜は、友人が設立したNPO法人の設立総会に出席してきました。 「みらいびと」というNPO法人

記事を読む

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

先日までのエントリーで、 自分で簡単に売却(取得)する 不動産の相場感を掴む方法 につ

記事を読む

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

一般の人が閲覧できる不動産取引情報レインズ(REINS)の活用方法

昨日のエントリーでは、 不動産の取引事例を知る方法として、 国土交通省が公表している 土地総合

記事を読む

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

住んでいる街の洪水危険度

最近、大気が不安定になり、大雨特別警報などの警報や注意報が出され、洪水による浸水被害や土砂災害が全国

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(3) 見学前に検討すること(借入可能額)

住宅の購入に際しては、住宅ローンを組むケースが多いです。あなたの場合、いくら借りられるでしょうか。

記事を読む

売却を任せるのは、購入した時の不動産会社!?

暑い夏もそろそろ終わり。 週末、息子は練習を再開しました。 息子の当面の目標は、

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑