*

土地の購入前に役所で確認すること(都市計画図)

購入を予定している不動産(土地)について、市役所などの役所に行けば、重要な情報が確認できます。逆に言えば、もし知らないで購入してしまうと、大変なことになるかもしれません。

こういった情報の中には、不動産の所有者でも知らない情報もあります。

そこで、どこに行けばどんな情報が入手できるのかを少しずつ整理してみたいと思います。

何を確認すればいいの?

都市計画図を確認します。

何が分かるの?

用途地域や都市計画道路、地域地区計画について知ることができます。

どこで確認できるの?

都市計画課です。

松戸市の場合、都市計画図をネットで入手することもできます。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/toshiseubi/tosi/kako-keikakuzu.html

141209_松戸市都市計画図

ただし、小さすぎてよくわかんないです(汗)
窓口で入手した方がいいかもしれませんね。

どうやって確認するの?

詳細については窓口で、「用途地域や都市計画道路、地域地区計画、都市施設について教えてください」と聞いてみましょう。

用途地域について

街の中で、住居、商業、工業といった土地利用は、似たようなものが集まっている方が、それぞれの環境が守られ、より効率的に活動できます。もし種類の異なる土地利用が混じっていれば、互いの生活環境や利便性が悪くなります。

だから、都市計画では都市を住宅地、商業地、工業地など12の種類に区分し、これを「用途地域」として定めています。

141209_用途地域

それぞれの用途地域によって、建築制限や用途制限がありますので、注意が必要です。

都市計画道路について

道路が新しく造られたり、既存の道路が拡幅されたりすることで、周辺の環境や利便性が大きく変わることもあります。

もし、都市計画道路が、購入を計画している土地にかかっていたり、近隣にあったりするときは、建築する際の制限について確認しましょう。

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

住宅取得に際しての課題とその対応方法

昨日までのエントリーは、 賃貸派であった筆者が、 結局、マイホームを取得することになった

記事を読む

売却依頼する不動産会社を選ぶ際のチェック項目とは

先日までのエントリーで、 自分で簡単に売却(取得)する 不動産の相場感を掴む方法 につ

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(2)

先日より、家を売却したときの 税金の仕組みについて取り上げています。 確認したのは、

記事を読む

ポータルサイトで「売主側の不動産会社か」を簡単にチェックする方法

昨日のエントリーでは、 不動産会社が売主のために動いているかを 確認する方法について取り上げ

記事を読む

単身世帯は広い家、大家族は狭い家

新築の住宅を取得する“住宅投資”は、 経済波及効果が高いと“信じられて”います。 個人には“

記事を読む

売却を任せるのは、購入した時の不動産会社!?

暑い夏もそろそろ終わり。 週末、息子は練習を再開しました。 息子の当面の目標は、

記事を読む

テニス錦織圭選手の快進撃の波及効果と持ち家取得増加の関係

今朝起きると、ニュースが飛び込んできました。全米オープンテニス男子、シングルス準決勝で、錦織

記事を読む

不動産の売却がなかなか進まない理由とは

前回は、 空き家を解体して 更地にしない(できない)理由 について取り上げました。 そ

記事を読む

マイホームを早く高く売る10のコツ(見学対応編)

マイホームを売却する場合、数多く売り出している物件の中から、あなたのマイホームを選んでもらわなければ

記事を読む

住宅ローンの斡旋・事務代行の手数料は支払うべきか

あなたは、住宅ローンを組んで家を購入するとします。 不動産販売会社経由で住宅ローンを申し込むと

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑