*

登記事項証明書(登記簿謄本)の取得のための地番の確認方法

141123_紅葉@高尾山1

土地建物の情報は、法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)を入手することにより、調べられます。

これを入手するためには、地番や家屋番号が必要になります。

地番って何?

地番は、土地の位置がわかりやすいように、土地一区画(一筆)ごとにつけられる番号です。

地番と住所は違います。もし、登記事項証明書(登記簿謄本)を取得するときに、住所を記載しても、違う土地の登記事項証明書が出てくるか、該当する物件がないということになると思います

一方住所は、普段の生活にとっても馴染みがあります。例えば、郵便物を配達してもらうときに記載したり、どこかに訪問するときに検索したりするときに使いますよね。

地番はどうやったらわかる?

以下の方法で地番を知ることができます。

●登記済権利証で確認
●固定資産税納税通知書で確認
●法務局のブルーマップを閲覧して確認
●管轄の法務局に電話で問合せ

法務局のブルーマップから確認する方法

法務局のブルーマップは、地番が青地で書かれている住宅地図です。黒字で書かれているのは、住居表示(住所)です。最近は地番検索ができる端末に変わられてきています。

なお、ブルーマップの閲覧所には、マンション簿というものものあります。これはその法務局管轄のマンションの家屋番号が確認できる簿冊です。

141124_登記事項証明書の申請書

登記事項証明書を入手するまでの手順は?

以下の手順で登記事項証明書を入手します。

1)ブルーマップ閲覧所で地番を確認する
2)申請書記入所で申請書を記入する
3)申請書を交付窓口に持っていき番号札を受け取る
(収入印紙は後で貼っても大丈夫)
4)番号札の番号が電光掲示板などに表示されたら、窓口へ行き受け取る

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

不動産売却で最初に質問されること

家を売却する理由は? あなたは何故、ご自分の家を売却するのでしょうか。 考えられる理由として

記事を読む

単身世帯は広い家、大家族は狭い家

新築の住宅を取得する“住宅投資”は、 経済波及効果が高いと“信じられて”います。 個人には“

記事を読む

買主のための基本的な謄本の見方と注意点

不動産を購入される方は、売主とされる方が、本当にその物件の所有者かどうか見極める必要があります。

記事を読む

土地の購入前に役所で確認すること(都市計画図)

購入を予定している不動産(土地)について、市役所などの役所に行けば、重要な情報が確認できます。逆に言

記事を読む

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

不動産会社が行う、売却のための5つの主な活動とは?

自宅を売却する意思を固めたあなたが媒介契約を締結した後、不動産会社はどのような活動をしているでし

記事を読む

消費税から建物価格を算出する方法

先日のエントリーでは、土地と建物の区分方法について、 以下の4つがあるという話をしました。

記事を読む

法務局でまず手に入れるべき4つの書類

法務局では、不動産に関する情報が入手できます。情報を入手するために、まず地番と家屋番号を入手しましょ

記事を読む

土地と建物を一括で売却した際、建物の取得費はいくらになる?

昨日は大切な仲間と一杯。北千住の「大はし」さんへ。 名物の肉豆腐で舌鼓。 さ

記事を読む

相続対策が対策にならなくなった理由

これまでの”定石(対策)”の効果 先日のエントリーでは、相続税対策についての 以下のような“定石

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑