*

買主のための基本的な謄本の見方と注意点

不動産を購入される方は、売主とされる方が、本当にその物件の所有者かどうか見極める必要があります。

まず、所有者であることを確認するために、法務局に行って、登記簿謄本(全部事項証明書)を取得しましょう。

登記簿謄本の基本的な構成は、表題部と権利部に分かれています。権利部には、甲区と乙区があります。

甲区には、誰が所有しているのか(権利関係)
乙区には、どの程度借入をしているか(財務力)

が記されています。

真の所有者が他にいる3つのケース

ただ、真の所有者が、他にいる場合があります。

1)元々の所有者は既に亡くなっているが、相続人がまだ登記をしていない場合
2)他人の不動産を売買する場合

3)後見人がいる場合

1)元々の所有者は既に亡くなっているが、相続人がまだ登記をしていない場合

不動産を共有にしておくことのデメリット(具体的事例から)

でコメントした通り、時が流れると、子や孫などが所有権を持っている場合があります。

2)他人の不動産を売買する場合(他人物売買)

不動産の所有権登記は任意です。不動産を取得しても、所有権が移転したことを意図的に登記しない場合もあります。その理由は、所有権移転の登記にかかわる費用を負担したくないからです。

登記の費用は、登録免許税やら司法書士への報酬やらで、数十万単位という単位で平気でかかります。

商売は、「安く仕入れて高く売るの」が基本です。不動産会社としては、仕入れのコストを下げたいのです。だから、物件を仕入れてすぐに顧客に販売する場合は、意図的に登記しない場合があるのですね。

3)後見人がいる場合

所有者が認知症などで後見人がいる場合があります。

この場合、成年後見人や裁判所が、物件を売却したりできる決定権者となります。所有者は、契約当事者として不動産の処分などの意思決定ができませんから。

以上の様に、不動産を取得される方は、まず登記簿謄本(全部事項証明書)を入手しましょう。まず、甲区で所有権者を確認しますが、上記のようなケースがあることを頭に入れておきましょう。本当に甲区に記載されている人でよいかは、ヒアリング等で判断する必要があります。

不動産取引では、数千万~数億円という金額が動きます。大金を支払って購入したつもりでも、後になって売主が真の所有者ではないことが判明したことも実際にあります。「知らなかった」では済まされません。

ただ、一般の方がそういうことを見抜くには限界があるのではないでしょうか。あなたが安心して物件を取得するためには、適切な相談相手が必要と考えます。

141101_solution

ではまた。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

不動産会社は、どのように預かった物件を売るのか

先日のエントリーでは、 ・不動産会社が行う売却活動は主に5つあること ・具体的には、

記事を読む

戸建て・マンション売却における取得費の計算事例

昨日のエントリーでは、 マイホームを売却する際の 建物の取得費の計算例を取り上げました。

記事を読む

相続対策が対策にならなくなった理由

これまでの”定石(対策)”の効果 先日のエントリーでは、相続税対策についての 以下のような“定石

記事を読む

不動産売買の成約価格の異常値(外れ値)に惑わされない方法

昨日のエントリーでは、実際の不動産売買の成約価格をもとにした不動産取引情報提供サイト、REINS M

記事を読む

不動産の共有関係を解消する際の注意点

先日のエントリーでは、 不動産の共有関係を解消する方法として、 以下の4つを取り上げました。

記事を読む

失敗しない住宅選びのコツ(2) 見学前に検討すること(自己資金)

失敗する住宅選び 昨日のエントリーでは、住宅選びに際して、以下のような流れで住宅選びをすると、失敗

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(3)

家を売却した時の税金の仕組みについて、 これまで以下のようなことを説明しました。 -

記事を読む

不動産会社が行う、売却のための5つの主な活動とは?

自宅を売却する意思を固めたあなたが媒介契約を締結した後、不動産会社はどのような活動をしているでし

記事を読む

お客さんの売却物件情報を、オープンにしないのは誰?

先週から、不動産会社が物件売却のために、 どのような活動をしているのかを書いてきました。

記事を読む

消費税から建物価格を算出する方法

先日のエントリーでは、土地と建物の区分方法について、 以下の4つがあるという話をしました。

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑