*

地積測量図と建物図面の見方

先日は、公図の見方について取り上げました。

今回は、地積測量図と建物図面の見方について取り上げます。地積測量図や建物図面は、公図と一緒に入手することができます。

141205_地積測量図

ここでのポイントは3つです。

●図面はそもそも存在しているか
●図面はいつ作成されたのか
●図面は現地と合っているか

図面はそもそも存在しているか

地積測量図を請求しても存在していない場合があります。

1960年に不動産登記法が改正されてはじめて、地積測量図や建物図面が法務局に備え付けられるようになったのが理由です。

だから、1965年以前に取得された不動産については、存在していない可能性が高いです。

法改正から5年のタイムラグがあるのは、法務局の体制を整えるのに時間がかかった、という事情があるようです。
あなたが不動産の買い手であれば、土地家屋調査士に依頼し地積測量図を作成してもらいましょう。その場合にかかる数十万円の費用は、まず売主に負担してもらう様に交渉します。

ただ、売主の立場からすれば、今さら地積測量図を作成したくないというのが本音です。応じてくれたとしても、結局売買代金に上乗せされることになるのでしょう。交渉が不成立なら、ご自身で土地家屋調査士に依頼することになるでしょう。

境界が曖昧だと後でトラブルの原因になりますからね。

図面はいつ作成されたのか

いつ誰によって図面が作成されたかも確認しましょう。その理由は、次に述べることにつながります。

 

図面は現地と合っているのか

作成日が古かったり、専門家以外が作成している場合は、現状と異なっている場合があります。

また、建物図面については、敷地内のどの場所にあるかを確認します。現状と一致しない場合は、増改築した可能性があります。

141205_建物図面

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

adsense レクタングル

関連記事

マイホームを早く高く売る10のコツ(見学対応編)

マイホームを売却する場合、数多く売り出している物件の中から、あなたのマイホームを選んでもらわなければ

記事を読む

不動産会社が売主のために動いているかを確認する方法

これまでのエントリーで、 両手取引の売主にとってのデメリットについて説明しました。

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(3)

家を売却した時の税金の仕組みについて、 これまで以下のようなことを説明しました。 -

記事を読む

お客さんの売却物件情報を、オープンにしないのは誰?

先週から、不動産会社が物件売却のために、 どのような活動をしているのかを書いてきました。

記事を読む

不動産を共有しておくことの唯一のメリット(?)

共有の不動産は、 売却・賃貸・建て替えなどの物件の取り扱いに際して、 自由がききません。

記事を読む

相続対策としての土地活用のカラクリ(序章)

昨夜は、友人が設立したNPO法人の設立総会に出席してきました。 「みらいびと」というNPO法人

記事を読む

家を売却したときの税金の仕組み(4)

家を売却した時の税金の仕組みについての続きです。 これまで、譲渡所得金額の計算式である

記事を読む

不動産売却に際してヒアリングされる10のポイント

昨日は、不動産の売却を検討している方が、「不動産会社から最初に質問されること」について書きま

記事を読む

査定依頼しなくても、自分で簡単に売却可能価格を知る方法

不動産の売却可能額(相場)は、 不動産会社に尋ねなければ、 全く見当がつかないでしょうか。

記事を読む

登記事項証明書を取得する際の注意点

購入を検討している不動産(土地・建物)について調べるには、登記事項証明書を取得します。 この証

記事を読む

adsense レクタングル

adsense レクタングル

 
no image
住宅ローンの借り換えの好機

長期金利の低下を受けて、 住宅ローンの借換えをしました。 10

no image
フィリピンの一等地(マカティ)での不動産投資

昨日のエントリーでは、海外不動産に投資する際には、 十分に注

no image
海外不動産投資には要注意

海外の不動産投資に興味がありますか? 先日、海外不動産のセミナー

法律行為を行えない人が相続人にいる場合の遺産分割協議(2)

遺産分割の協議をしようとしても、相続人の中に、法律行為を行えない人がい

着眼大局、着手小局 小さな歯車を回し続けること

「平成進化論」という読者数20万人を誇るメルマガを毎日配信されている、

→もっと見る

  • 筆者:nobu
    このブログについての詳しい説明はこちら

    お問い合わせ
PAGE TOP ↑